• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 大幅にベンチマークが向上に。「Exyons9820」を搭載した「Galaxy Note9」のベンチマークがリークにって話。

大幅にベンチマークが向上に。「Exyons9820」を搭載した「Galaxy Note9」のベンチマークがリークにって話。

だいぶ前により、「Galaxy Note9」のベンチマークはリークしており、少なくとも多くの国で発売されるモデルにおいては「snapdragon845」を搭載すると予測されていることからも、大幅なベンチマークの向上が期待できないとされており、差がつくとすればRAM「8GB」を搭載したモデルのみになるとされてきました。詳細は「RAMが「8GB」では大きな進化を。6GBでは微妙。「Galaxy Note9」のベンチマークが新たにリークって話。」をご参照下さい。

ただこの「RAM8GB」を搭載したモデルの存在すら怪しいとされている中、先日の情報では、事前情報と相違なくRAM「8GB」にストレージ「512GB」の最上位モデルが存在していること、そして本体カラーが「5色」展開であることがほぼ確定したとされています。詳細は「事前情報に相違なし。「Galaxy Note9」はRAM「8GB」で本体カラーは5色展開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、新型プロセッサーである「Exyons9820」を搭載した「Galaxy Note9」のベンチマークがリークしたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



ベンチマークがリークに。

 

さて今回リークした「Galaxy Note9」のベンチマークとされているのが上記の画像になります。単純にベンチマーク上で確認することができるのが「RAM」が「4GB」、そして「Android8.0」を搭載していることになります。

やはり大きな注目点としては、その「ベンチマークスコア」の高さになります。今回の「ベンチマーク」は「Exyons9820」を搭載しているため、現行機種として最高のベンチマークを記録している「Exyons9810」を搭載している「Galaxy S9+」のベンチマークを大きく引き離しています。詳細は「「Galaxy S9+」のベンチマークがリーク。Androidで最高の結果かもって話。」をご参照下さい。

シングルコアが「4089」でも十分に驚きですが、マルチコアが「12246」というのは、少なくとも現行で発売されている「Android機種」の中では最高クラスのベンチマークになります。ただ「Exyons9820」を搭載することによって、ようやく「A11チップ」のベンチマークに追いついたと考えることができます。

少なくとも今回のベンチマークによって、さらに「snapdragon845」は処理性能の面で大きく離されたと考えることができます。一部情報では「5G」に対応した機種が今年の後半に登場すると予測されている。つまり「snapdragon855」を搭載した機種が登場すると予測されており、Samsungの同チップの生産もかなり順調な状態にあるとされています。詳細は「「snapdragon855」の開発がかなり順調。次期「Xperia XZ4」は5G対応で問題なくMWC2019で登場かもって話。」をご参照下さい。

ただ従来の流れで考えれば、今年の年末から出荷を開始し、来年の初頭に登場する機種の多くが搭載すると予測されており、「snapdragon855」の登場までは、少なくとも同シリーズのチップを搭載している機種は、ベンチマークの向上はお預けになると考えることができます。まずは「Galaxy Note9」の正式発表が楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧