• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 商品力のなさを大きく改善に。SONYは次期「Xperia XZ3」で新戦略を採用にって話。

商品力のなさを大きく改善に。SONYは次期「Xperia XZ3」で新戦略を採用にって話。

今年の後半に登場すると予測されている次期「Xperia」のメインモデルである「Xperia XZ3」ですが、先日公開されたレンダリング画像においては、「ベゼルレスデザイン」が採用されており、そのデザインの完成度が高い一方で、スペックに関して、特に注目度が高い「デュアルレンズカメラ」に関しては、「Xperia XZ2 premium」のものよりスペックが低いとされています。詳細は「完成した「アンビエントフロー」。「Xperia XZ3」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日には「Xperia XA2 Plus」が正式に発表された中、そのデザインやスペックは、「ハイエンドモデル」と「ミドルレンジモデル」のいいところを合わせたものとなっており、SONYは既存の製品設計と大きく戦略を変えてきた可能性があると予測されています。詳細は「出し惜しみは一切しない。SONYは次期「Xperia」でデザインやスペックの固定概念を破るかもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、有名なリーカーであるZacbukus氏が、次期「Xperia」に対して意味深な投稿をしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



新戦略を採用に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

索尼移动下半年新品又要来咯

先日の情報からも、SONYは「8月30日」にイベントを開催する可能性が高いと予測されており、そこで次期「Xperia」を正式発表すると予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

このイベントに関して、同氏は、SONYが新戦略に移行したと投稿しています。確かに冒頭でも記述しましたが、「Xperia XA2 Plus」では、ミドルレンジモデルとして初の「アスペクト比18;9」を採用したり、さらに「ハイレゾ」の対応など、販売する地域とそのユーザーに合わせて、今までと異なるマーケティング戦略を行なっている可能性が高いと予測されています。

また先日の情報では、今年の主力機種とされている「Xperia XZ2 premium」は「地域」を限定しているだけではなく「ユーザー」も限定した上で、マーケティング戦略を行なっていることを明言しています。詳細は「「地域」だけではなく「ユーザー」も。「Xperia XZ2 premium」は超限定された主力機種にって話。」をご参照下さい。

このことからも同氏がいうように、次期「Xperia」では新戦略が採用されていてもおかしくはありません。SONYが発表した中期経営計画において、SONY自体が「Xperia」の商品力のなさが課題の一つであると認めています。このことからも、「Xperia XA2 Plus」の付加価値をあげるために「ハイレゾ」を採用していると考えることもできます。詳細は「「snapdragon855」の搭載はより現実的に。次期「Xperia XZ3」は新機能が充実するかもって話。」をご参照下さい。

ただ現時点でIFA2018で発表される次期「Xperia」のラインナップは判然としない状況にあります。特に「Xperia XZ3」を含めた「ハイエンドモデル」がどのような「スペック」を採用するのか、どのような「デザイン」を採用するのか。ユーザーにとってより魅力的な仕上がりになっていることに期待したいと思います。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧