• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。

「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。

今年の4月頃に、ユーラシア経済委員会の認証情報からも、今年の5月頃にAppleは新型「iPhone」、つまり「iPhone SE2」を正式に発表されると予測されていましたが、「5月」には発表されず、大きく期待がかかったWWDC2018においても正式発表されませんでした。詳細は「4つの新型「iPhone」。筆頭は「iPhone SE2」が高価なモデルとして6月に登場へって話。」をご参照下さい。

一方で一部情報では「9月」に「iPhone SE2」が発表される可能性があると予測されている中、先日の情報では、今年の秋にかけて「iPhone X」と「iPhone SE」が生産終了する可能性が高いと報告されており、後継機種の登場を待たずして「iPhone SE」は終焉を迎える可能性があると予測されています。詳細は「「iPhone SE2」の登場前に。今年の秋に「iPhone SE」と「iPhone X」は生産終了へって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、ユーラシア経済委員会の認証情報からも、Appleが今年の9月に発表すると予測されている次期「iPhone X」シリーズの認証が通過したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「iPhone SE2」の登場は絶望的に。

 

さて今回の情報によると、4月にユーラシア経済委員会の認証を通過した新型「iPhone」の計11モデルは、実際には「iPhone SE2」ではなく、今年発表されると予測されている次期「iPhone X」シリーズの3タイプである可能性が高いと報告しています。4月時点では搭載OSが「iOS11」であったのに対して、現時点では「iOS12」に更新されていることからも、これら新型「iPhone」は9月に登場する可能性が限りなく高いと考えることができます。

一方で「iPhone SE2」に関しては、これら認証情報に含まれていないことからも、その正式発表は絶望的な状況になったと判断することができます。認証を通過している合計11モデルに関しては、大きく「A19XX」、「A209X」、「A210X」の3つに分けることができるとした上で、「A19xx」が、「6.1インチ」のディスプレイを搭載したモデルに。

「A209x」が「iPhone X」の後継機種に。そして「A210X」が「iPhone X Plus」になる可能性が高いとしています。ちなみに、先日の情報では、そのリークした専用ケースからも次期「iPhone」の正式名称は、順に「iPhone X1」、「iPhone XS」、そして「iPhone X Plus」になる可能性が高いと報告されています。詳細は「すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

先日の情報では、「6.1インチ」の「iPhone X1」は、「iPhone5c」以来のポップなカラーを採用する可能性が高いとされており、「iPhone SE」などの廃止と合わせて「ラインナップの活性化」を行う可能性が高いとしています。詳細は「彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPhone X Plus」は3色展開にって話。」をご参照下さい。

小型モデルのニーズに応えるモデルが新型「iPhone」の中では「iPhone X」の後継機種になるとされており、「iPhone SE」ほどの超小型モデルにはもう期待しないほうがいいのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧