• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • やはり大型化に。「Face ID」を搭載した次期「iPadPro」と次期「AppleWatch」のディスプレイサイズが判明したって話。

やはり大型化に。「Face ID」を搭載した次期「iPadPro」と次期「AppleWatch」のディスプレイサイズが判明したって話。

先日の情報からも、Appleは今年の「10月」頃までには、次期「iPad」を発表する可能性が高いと予測されており、この情報を裏付けるかのように、先日には「ユーラシア経済委員会の認証を通過したことが判明しています。このことからも、早ければ9月より前に正式発表される可能性があると考えることができます。詳細は「もう少しの辛抱。「Face ID」対応の「iPad Pro」や安価な「MacBook Air」が10月以降に登場へって話。」と「「iPhone SE2」の二の舞にならなきゃいいけど。近日中に新型「MacBook」や「iPad」が発表かもって話。」をご参照下さい。

また次期「iPad」に関しては、そのスペックに関してほとんど情報がない状況ですが、少なくとも先日より配信されている「iOS12」のβ版の内部記述から「Face ID」を搭載する可能性は限りなく高いと予測されています。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Appleが今年発表すると予測されている次期「iPadPro」と次期「AppleWatch」のディスプレイサイズが判明したことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



やはり大型化に。

 

さて今回の情報は、Apple関連の情報に精通しているMing-Chi Kuo氏が、先日までの情報通り新型「iPhone」を3モデル発表することや、「Face ID」を搭載した次期「iPadPro」を発表することを計画していることを改めて確認したとしています。そのうえで次期「iPadPro」に関しては、「Face ID」を搭載することによって、「ベゼルレスデザイン」を採用するとしています。

現行で2モデルある「iPadPro」ですが、まず「12.9」インチモデルに関しては、ベゼルレスデザインを採用することによって、本体の大きさがかなりコンパクトになる可能性が高いと予測しています。一方で「10.5インチ」モデルに関しては、ベゼルレスデザインの採用によって、本体の大きさをよりコンパクトにするのではなく、むしろディスプレイサイズを大きくして「11インチ」になる可能性があるとしています。

このことからも「10.5インチ」モデルに関しては、「本体サイズ」が変更されない可能性が高く、既存のアクセサリー、特にキーボードはそのまま使えそうですが、「12.9インチ」モデルに関しては、既存のアクセサリーを使うのは難しい状態になると考えることができます。

また今回の情報では、次期「AppleWatch」はディスプレイサイズが大型化すると予測されている中、次期「AppleWatch」は「1.57」インチと「1.78」インチのディスプレイを搭載する可能性が高いと予測しています。ちなみに現行モデルは「1.31インチ」と「1.54インチ」を搭載していることからも、かなりディスプレイが大型化することを確認することができます。

また今回の情報によると、「Air Power」の大量生産を9月以降に開始する可能性が高いと報告しています。今回の情報で、次期モデルの詳細なイメージをしやすくなると考えることができます。特に個人的に気になるのは「12.9インチ」モデルです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧