• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「ノッチスタイル」に「折りたたみ式」を採用した「Xperia Flex」のレンダリング動画が公開にって話。

「ノッチスタイル」に「折りたたみ式」を採用した「Xperia Flex」のレンダリング動画が公開にって話。

先日の情報からも、SONYは「折りたたみ式」を採用した次期「Xperia」を開発しているとされており、そのスペックやデザインは判然としない状況にあります。ただ一部情報において次期「Xperia」が「ベゼルレスデザイン」を採用するより先に「折りたたみ式」を採用する可能性が高いとの情報もあります。詳細は「「ベゼルレスデザイン」の採用より先に。Sonyは次期「Xperia」に折り畳み式を採用するかもって話。」をご参照下さい。

一方で一部情報によれば、その登場時期は判然としないながらも、SONYは「2020年」までに「透過ディスプレイ」を搭載した次期「Xperia」を発表すると予測されている一方で、「折りたたみ式」を採用した次期「Xperia」の登場は、そんなに遠くない未来としており、2019年にSamsungやAppleが同様の機種を発表すると予測されていることからも、2019年には登場すると期待されています。詳細は「世界最高峰のスペックを搭載へ。次期「Xperia」では折りたたみ式構造に「透過ディスプレイ」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回YouTubeにおいて、「ノッチスタイル」に「折りたたみ式」を採用した「Xperia Flex」のレンダリング動画が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



レンダリング動画が公開に。

 

さて今回公開された「Xperia Flex」のレンダリング画像、まずはフロント部分から確認していきたいと思います。「ベゼルレスデザイン」を採用しており、さらに「ノッチスタイル」を採用していることを確認することができます。またこの画像では確認できませんが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載しているとの設定にもなっています。

次に「背面」を確認すると、カメラセンサーがかなり巨大化した「デュアルレンズカメラ」を搭載していることが確認できます。ただ「Xperia XZ2 premium」に採用された「デュアルレンズカメラ」のデザインとは異なり、カメラそれぞれが独立した印象になります。

先日の情報からも、次期「Xperia」に搭載される新しいカメラセンサーにおいては巨大化すると予測されていることからも大方こんなデザインになることもあり得ると考えることができます。詳細は「「IMX700」を搭載で。「Xperia XZ4 premium」で世界最高クラスの「デュアルレンズカメラ」を搭載にって話。」をご参照ください。

そして「折りたたみ式」を採用していることもあって、本体背面中央には特殊な折れ目の機構が採用されていることも確認することができます。

折りたたんだときのデザインが上記の画像になります。Galaxy」シリーズには「サイド」の部分に「Edge」スタイルを採用してきましたが、この「Xperia Flex」において、本体上下の部分が「Edge」スタイルになっており、さらにサブディスプレイが搭載されていることを確認することができます。

折りたたんだ時にかなり本体がコンパクトになる一方で、「コンパクト」になる以外のメリットをあまり感じることができません。また先日の情報では、柔軟性のあるディスプレイを開発することはできても、Samsungの「Galaxy X」が直面しているように、そのディスプレイの耐久性が課題となる可能性が高く、この辺をどのように解決してくるのか非常に気になるところです。

今回の動画はあくまでも想像のものですが、事前情報に基づいた面もあり、いいところをついているのではないかと考えてしまいます。既存の「Xperia」とどういう区別をするのか非常に気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧