• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「Galaxy Note」シリーズと融合したようなデザインに。「Galaxy S10」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

「Galaxy Note」シリーズと融合したようなデザインに。「Galaxy S10」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、Samsungは「Galaxy」シリーズ生誕10周年となる記念モデルを開発しているとされており、情報が錯綜している部分もありますが、「折り畳み式」を採用した「Galaxy X」を来年の2月に開催が予定されている「MWC2019」において大々的に発表すると予測されており、一方で「Galaxy S」シリーズの最新モデルである「Galaxy S10」は1月に発表されるとしています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S10」のコードネーム、そして一部スペックも判明しており、大きなデザイン変更はないと予測されていますが、「Galaxy」シリーズとして初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が非常に高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」をご参照下さい。

さて今回AllAboutSamsungによると、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」のレンダリング画像を公開しており、「Galaxy Note9」で似たようなデザインを採用している可能性が明らかになったので簡単にまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像。

 

さて今回公開された「Galaxy S10」のレンダリング画像が上記の画像になります。まず先日の情報からも、「Galaxy S10」はエントリーモデルを含めて3モデル存在していると予測されており、今回公開されたのは、そのうちハイエンドモデルの立ち位置にある2機種であると考えることができます。詳細は「一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。」をご参照下さい。

少なくとも「背面」全体で見たとき、そのデザインはほぼ現行機種と大きな違いはないことを確認することができますが、細部において地味に変更されていることを確認することができます。まず「カメラ」に関しては、「S」シリーズが「垂直型」で「Note」シリーズが「並列型」を採用していますが、今回の画像を見る限り「並列型」を採用しており、「Note」シリーズのデザインに似た印象を受けます。

また「Galaxy S10+」に関しては、先日の情報通り「トリプルカメラ」を搭載していることを確認することができます。詳細は「「S」と「Plus」の差がより明確化に。「Galaxy S10+」は「トリプルカメラ」が搭載にって話。」をご参照下さい。また冒頭でも記述しましたが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載することによって、背面から「指紋認証」が消えており、背面がすっきりとした印象になっています。

また先日の情報では、Samsungは「Galaxy S10」シリーズにおいて「生体認証」を見直すとされており、少なくとも「虹彩認証」は廃止になり、「3D」カメラの搭載により、より強化された「顔認証」が搭載されると予測されています。詳細は「「虹彩認証」は廃止へ。「Galaxy S10」は2つのディスプレイを搭載で登場へって話。」をご参照下さい。

「8月9日」に正式発表されると予測されている「Galaxy Note9」ですが、その大きな特徴は「カメラ」と「Sペン」になると予測されていますが、「Galaxy S10」シリーズにおいても、世界最高峰のカメラを搭載した「Huawei P20 Pro」を強く意識した「1インチサイズ」のカメラセンサーを搭載すると予測されており、ますますカメラが強化されると考えることができます。詳細は「「Huawei P20 Pro」に強く対抗意識を。「Galaxy S10」のトリプルカメラのスペックの一部が判明にって話。」をご参照下さい。

やはり「ベゼルレスデザイン」の採用によって、今後デザインの大幅な変更はあまり期待できないと考えらる中、今回のレンダリング画像を見る限りでは「Note」と「S」を融合させたデザインを採用しようと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧