• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 持ちやすいのか。使いやすいのか。「Face ID」に対応した次期「iPad Pro」のレンダリング画像が公開にって話。

持ちやすいのか。使いやすいのか。「Face ID」に対応した次期「iPad Pro」のレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、今年登場が予測されている次期「iPhone」や次期「iPad」のほとんどは「Face ID」に対応する可能性が高いと予測されており、先日公開された次期「iPhone」の3モデルのレンダリングにおいても、共通して「ベゼルレスデザイン」を採用していることが明らかになっています。詳細は「「6.1」インチの新型「iPhone X1」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、すでにパブリックβ版の配信が始まっている「iOS12」ですが、その内部コードからも、次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載していることを示唆した記述があることが判明しており、次期「iPad Pro」で「Face ID」に対応する可能性がかなり高いと考えることができます。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」をご参照下さい。

さて今回Review.geによると、「Face ID」に対応した次期「iPad Pro」のレンダリングが公開されたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。まず背面に関しては従来の「iPad Pro」と同じく「アルミ」を採用しているように見えます。少なくとも「ガラス」を採用しているのであれば「樹脂のライン」が必要なく、「iPhone8」シリーズのように、「側面」だけで十分になります。

そして次にフロント部分を確認すると、「Face ID」を搭載していることを確認することができます。先ほども記述しましたが、次期「iPad Pro」で「Face ID」に対応する可能性はかなり高いと考えることができますが、「ベゼルレスデザイン」においては、「iPhone X」のような「ノッチ」スタイルを採用するのか、それとも採用しないのか判然としない状況にあります。

どうしても次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載するか否かの情報が多く、それ以外のスペックやデザインに関する情報はほとんどありません。一部情報によれば、ついに「防水」に対応する可能性があると予測されていることくらいです。直近の情報では、ユーラシア経済委員会の認証情報からも、次期「iPad Pro」の認証が通過していることが判明しています。詳細は「もう少しの辛抱。「Face ID」対応の「iPad Pro」や安価な「MacBook Air」が10月以降に登場へって話。」をご参照下さい。

少なくとも認証情報において「iOS11」を搭載していることが判明しています。このことからも発売は9月より前になる可能性が高く、また仮に今回の情報が正しければ「A11X」チップを搭載している可能性が高いと考えることができます。

ただ先日の情報からも「A12」チップが初の「7nm」プロセスルールで開発されていることが判明していますが、「A11X」チップがどのプロセスルールで開発されているのか判然としません。詳細は「消費電力がより効率化へ。「iPhone X」シリーズは「7nm」プロセスルールで開発した「A12」チップを搭載へって話。」をご参照下さい。

「Face ID」の搭載以外、変な話大きな進化がないと考えることができる次期「iPad Pro」ですが、ベゼルレスデザインを採用することで、持ちにくくなる可能性が高いと考えることができ、さらに「ベゼルレスデザイン」を採用することで、「ディスプレイサイズ」を変更するのか、それとも「本体サイズ」を変更するのか非常に気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧