• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。

一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。

一部情報では「Galaxy」シリーズ生誕10周年の記念モデル的な立場になると予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、先日の情報は、大きなデザインの変更はやはりなく、内部スペックが大きな進化になると予測されています。詳細は「「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペックにその意味は反映されていないかもって話。」をご参照下さい。

「Galaxy X」とどのような差別化を図るのか、現状では判然としない状況にありますが、先日の情報では「Galaxy」シリーズとしては初の「トリプルカメラ」や「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すると予測されています。詳細は「「S」と「Plus」の差がより明確化に。「Galaxy S10+」は「トリプルカメラ」が搭載にって話。」と「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Samsungは「Galaxy S10」シリーズは異なる特徴を持つ3つのモデルを開発していると報告しており、そのうちの1つのモデルは「エントリー」モデルになる可能性が高いとしているので簡単にまとめたいと思います。



「エントリーモデル」が追加に。

 

さて今回の情報によると、Samsungは異なる3つの「Galaxy S10」を開発している可能性が高いと予測しています。現行機種である「Galaxy S9」シリーズの正当な後継機種である「Galaxy S10と「Galaxy S10 Plus」は、Galaxyシリーズとしては初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するとしています。

一方で正式名称は判然としませんが、「エントリーモデル」の立ち位置である「Galaxy S10」は、本体側面に「指紋認証」機能を搭載すると予測しており、これはこれで「Galaxy 」シリーズとして初の側面に「指紋認証」」を搭載した機種になるとしています。

またスペックにおいても差別化されているとしており、まずこの「エントリーモデル」は「5.0インチ」のディスプレイを搭載し、「シングルカメラ」を搭載すると予測されています。ただデュアルエッジなどは非採用になるとしてます。

「Galaxy S10」は現行機種と同じく「5.8インチ」のディスプレイを搭載すると予測しており、さらに「無印」として初の「デュアルレンズカメラ」を搭載すると予測しています。このことからも、「デュアルレンズカメラ」を搭載していること以外、デザインに大きな変更はやはりないと考えるべきです。

先日の情報では「Galaxy S9」シリーズの販売不調は、Samsung全体の利益をかなりひっ迫しているとされており、この影響を受けてか、「Galaxy Note9」も「コスト削減」のために大きなデザイン変更はないと予測されています。詳細は「2012年以来の最低の売上に。「Galaxy S9」はSamsung全体の利益を逼迫する可能性があるって話。」をご参照下さい。

そして最後に「Galaxy S10+」に関しては、「6.44インチ」にディスプレイを搭載するとしています。つまり僅かながら「ディスプレイ」が大型化すると考えることができます。また先日の情報通り「トリプルカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されています。

先日公開された特許からも、次期「Galaxy」シリーズでは完全にベゼルレスデザインを採用する可能性が高いと予測されており、「Galaxy S10」シリーズでもよりベゼルのスリム化が進むと考えることができます。詳細は「極限の「ベゼルレスデザイン」と「背面ディスプレイ」。次期「Galaxy」はスマートフォンの在り方をかえるって話。」をご参照下さい。

今回の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、モデルごとに区別化することで幅広いニーズに対応することができると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧