• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • やはり「5G」はSonyの今後の命運を大きく占う。「Xperia XZ3 premium」と「Xperia XZ4」の販売実績が今後の販促スケジュールを変更にって話。

やはり「5G」はSonyの今後の命運を大きく占う。「Xperia XZ3 premium」と「Xperia XZ4」の販売実績が今後の販促スケジュールを変更にって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも今年の後半にSonyは「5G」に対応した次期「Xperia」を世界初として発表する可能性が高く、この次期「Xperia」は「snapdragon855」を搭載すると予測されている「Xperia XZ3 premium」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。」をご参照下さい。

一方で今年の下期に発表される次期「Xperia XZ3」シリーズは、共通して「snapdragon845」を搭載するとの予測もあり、さらに先日には「One Plus7」が世界初の「5G」対応機種になるとの予測もあることからも、今年の下期に登場する次期「Xperia」は「5G」に対応していない可能性があると真逆の情報もあります。詳細は「「4K」と「5G」の搭載は見送りへ。「Xperia XZ3 premium」は「snapdragon845」を搭載してIFA2018で発表かもって話。」と「「Xperia」が世界初にならず。「One Plus 7」が世界初の「5G」対応機種になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Vortex.geによると、「5G」に対応する次期「Xperia」の販売実績が、2020年までに登場する次期「Xperia」の販促スケジュールに大きく影響を及ぼす可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



5GはSonyの大きな命運に。

 

さて今回の情報によると、まずSonyは今年の後半に世界初となる「5G」に対応する機種を発表すると予測しており、この「5G」対応機種、つまり「Xperia XZ3 premium」、そして来年初頭に登場が予測されている「Xperia XZ4」が成功するか否かが今後2020年までの販促スケジュールに大きな変更をもたらす可能性があると報告しています。

特に「Xperia XZ3」シリーズの販売実績は、今後の指標としてかなり影響力を持っているとされており、仮に「Xperia XZ3」シリーズが成功すれば、2020年までの販促スケジュールを大きく変更する予定はないとしており、一方で失敗すれば、2020年の2月に登場する次期「Xperia」を2019年の9月に前倒しで発表する可能性があるとしています。

先日の情報では「Xperia XZ4」シリーズの販売実績が今後の命運を占うと予測されており、販売実績によっては最後の「Xperia」になると予測されています。詳細は「最後の「X」ではなく「Xperia」に。2019年に登場する次期「Xperia XZ4」の売上次第では最後の「Xperia」にって話。」をご参照下さい。ただ今回の情報を見る限りは、「Xperia XZ3」シリーズのほうが重要な立ち位置にいると考えることができます。

先日の情報では、かなり深刻な状況にある「モバイル部門」ですが、「5G」の技術を開発する上で必要不可欠な部門だとしたうえで撤退する予定はないとされており、一方で、すでに「5G」を開発するための準備は整っているとしています。詳細は「開発の準備はすでに完了へ。やはり「Xperia XZ3」シリーズは世界初の「5G」対応機種として登場かもって話。」をご参照下さい。

少なくとも今回の情報を見る限り、Sonyは「5G」に相当力を入れていると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧