• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPhone X Plus」は3色展開にって話。

彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPhone X Plus」は3色展開にって話。

今年の初頭からの情報として、Appleは今年4つの新型「iPhone」を発表すると予測されており、まずユーラシア経済連合の認証情報からも、「iPhone SE2」が最初に登場すると予測されていましたが、実際にまだ発表されておらず、「iPhone SE2」が発表されるのかされないのか判然としない状況にあります。一方で先日には専用ケースがリークしているなど、残りの3機種に関しては発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

特に今年発表される新型「iPhone」の中でも、最上位機種になると予測されている「iPhone X Plus」ですが、先日リークした回路図からも、「トリプルカメラ」を搭載する可能性があり、少なくとも新型「iPhone」では、カメラのスペックで大きく区別化される可能性があると予測されています。詳細は「世界最高峰のカメラを搭載に。「iPhone X Plus」の回路図がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、今年登場する「6.1インチ」の新型「iPhone」は「5色」展開に。「iPhone X Plus」は3色展開になる可能性があることを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



ポップなカラーを採用に。

 

さて今回、Apple関連の情報に精通しているMing-Chi Kuo氏が、今年発表が予測されている新型「iPhone」の最新情報を報告していることが判明したとしており、まず「iPhone X Plus」は「6.5インチ」の有機ELディスプレイを搭載すること。さらにiPhoneとしては初のデュアルSIMに対応すること。そして「トリプルカメラ」に対応することなどを報告しており、事前情報とも一致しています。

また本体価格に関しては、現行の「iPhone X」と同等の価格設定になるとされており、やはりそこまで高額化しないと考えることができます。詳細は「積極的な価格設定に。新型「iPhone」3モデルの価格を抑えめで、「iPhone X Plus」もそこまで高くないって話。」をご参照下さい。さらに本体カラーに関しても、現行の「iPhone X」に採用されている「ブラック」と「シルバー」以外に、「ゴールド」が追加される可能性が高いとされています。

確かに先日公開されたFCCの認証情報からも、Appleは「iPhone X」にゴールドモデルを追加しようとしていたことを計画していたことが明らかになっています。詳細は「未発表のまま登場することはない。「iPhone X」のゴールドモデルは実際に存在していたって話。」をご参照下さい。このことからも「ゴールド」が生産上の問題を解決できてるのであれば、確かに展開されていてもおかしくはありません。

そして今回の情報では「6.1インチ」の新型「iPhone」はやはり「シングルカメラ」の搭載など、他の2機種と比較するとスペックが抑えめになっている分、価格も抑えめになっている可能性が高いとされています。また本体カラーに関しては「ブラック」・「ホワイト」・「オレンジ」・「レッド」・「ブルー」の5色展開になる可能性が高いと予測されています。

「iPhone 5c」以来のポップなカラーになると予測されている一方で、本体の材質がガラス」であることを考えれば、その仕上がりはかなりシックになると考えることができます。ついに本体カラーの情報までリークし、いよいよ今年登場する新型「iPhone」の全貌が徐々に見えてきた形になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧