• HOME
  • ブログ
  • Xperia XA2
  • 初のデュアルレンズフロントカメラでも厳しい評価に。DxoMarkが「Xperia XA2 Ultra」のカメラの評価を公開したって話。

初のデュアルレンズフロントカメラでも厳しい評価に。DxoMarkが「Xperia XA2 Ultra」のカメラの評価を公開したって話。

長らくその存在が待望されている「Xperia Z Ultra」の後継機種ですが、発売から約6年を経た今でもその存在は登場していません。しかしながら同じく「Ultra」を冠した機種が今までにも登場しており、現行の「X」シリーズにおいては「Xperia XA2 Ultra」が最新機種になります。

「Xperia XA2」シリーズ自体の大きな特徴として、大型バッテリーを搭載していることになりますが、その中でも「Xperia XA2 Ultra」に関しては、歴代「Xperia」で最大の容量を搭載しており、先日公開されたバッテリーテストの結果では歴代「Xperia」で最高の電池持ちを実現しています。詳細は「「Xperia XZ2」シリーズでどうなるかな?歴代「Xperia」で電池持ち最強は「Xperia XA2 Ultra」だって話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XA2 Ultra」を含めたミドルレンジモデルは、先日の情報からも、今後廃止される可能性があると予測されており、その存在はより貴重になる可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」に大きな命運を。今後SONYは「Xperia XA」などミドルレンジモデルを廃止するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回カメラの評価で有名なDxoMarkがなぜ今このタイミングなのか判然としませんが、「Xperia XA2 Ultra」のカメラを評価したレビュー記事を公開したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



厳しい評価に。

 

さて今回公開された「Xperia XA2 Ultra」のカメラの評価が上記の画像になります。トータルスコアで「75」となっており、カメラに定評のある「Xperia」として考えれば非常に厳しい結果となっています。ちなみに、同サイトによって最後に評価された機種は「Xperia XZ premium」で、その時のスコアは「83」となっています。この時の「Xperia XZ premium」は、カメラの歪みの問題が大きく話題となっているときであって、かなり厳しい評価となっていたことからも、以下に今回の評価が厳しいかと確認することができます。

一方で同サイトにおいて総合評価が高い機種は「ハイエンドモデル」になり、「ミドルレンジモデル」でありながら十分健闘しているという考え方もできます。そして冒頭でも記述しましたが、「Xperia」としては久しぶりに評価された機種が、なぜ「Xperia XA2 Ultra」なのか判然としない状況にあります。

とはいえ、「Xperia XA2 Ultra」のカメラは「Xperia Z5」以上のスペックであることも判明しており、もともと「セルフィー」が特徴だったのが、「デュアルフロントカメラ」を搭載したことによってさらに磨きがかかっています。

スペックに関しても「Xperia XZ」以上のベンチマークスコアを記録していることが判明しており、その本体の大きさは、最大の魅力でもあります。詳細は「「Xperia XA2 Ultra」のベンチマークが判明。「Xperia XZ」以上で快適って話。」をご参照下さい。一部情報では、今年後半には「ミドルレンジモデル」として初の「アスペクト比18:9」を採用すると予測されている「Xperia XA2 Plus」が登場すると予測されています。詳細は「2018年はハズレの年に?「Xperia XZ3 Pro」は2019年へ。「Xperia XZ3」と「Xperia XA2 Plus」のみが発表へって話。」をご参照下さい。

「Xperia XA2 Ultra」を含めて、最後のミドルレンジモデルにならないことを祈りたいところです。今後の動向に要注目です。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧