• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE2」の二の舞にならなきゃいいけど。近日中に新型「MacBook」や「iPad」が発表かもって話。

「iPhone SE2」の二の舞にならなきゃいいけど。近日中に新型「MacBook」や「iPad」が発表かもって話。

先日の情報からも、ユーラシア経済連合の認証情報からも、「5月中」に新型「iPhone」が発表される可能性がかなり高いと予測されている中、この新型「iPhone」は長らく待望されている「iPhone SE2」になる可能性が高いとされていましたが、実際にはいまだ発表されていない状態にあります。詳細は「WWDC2018での正式発表は確定に?「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載で「6月15日」より発売開始にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日よりβ版が配信を開始している「iOS12」ですが、この内部記述からも、次期「iPad」には「Face ID」を搭載している可能性が高いと予測されており、さらに今年登場するApple製品の多くは、「Face ID」を搭載する可能性が高いと考えることができます。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、ユーラシア経済連合の認証情報からも、Appleは、新型「MacBook」や新型「iPad」の認証を通過させており、近日中に正式発表される可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



まもなく正式発表か。

 

さて今回、ユーラシア経済連合の認証を通過した、未発表のAppleの新製品の一覧が上記の画像になります。まず今回の認証情報からも「A1931」と「A1932」は新型「MacBook」とされており、さらに「A1988」、「A1989」、「A1990」が新型「MacBook Pro」の13インチモデルと15インチモデルになると予測されています。

先日より新型「MacBook Pro」のものとされているベンチマークが多々リークしていることもあり、その登場は確実に近いとされてきましたが、今回の認証情報からも、早くて1か月以内に正式発表される可能性が高いと考えることができます。

また今回の情報では「A1876」、「A1934」、「A1979」、「A2013」、「A2014」の5つのモデルの認証を通過していることが判明しており、「iOS11」を搭載していることなどからも、新型「iPad」である可能性が高いと予測されています。またこの新型「iPad」は、「Face ID」を搭載している可能性が高く、一部情報では10月以降に登場する可能性が高いと予測されている中、その登場時期はかなり早まりそうです。詳細は「もう少しの辛抱。「Face ID」対応の「iPad Pro」や安価な「MacBook Air」が10月以降に登場へって話。」をご参照下さい。

従来の流れで考えれば、「ユーラシア経済連合」の認証を通過してから、約「1か月」以内に正式発表される可能性が高く、今回の情報が正しければ「8月」にはAppleが新製品を発表する可能性が高いと考えることができます。ただ直近においては「iPhone SE2」の例があることからも過度の期待は禁物です。

ただ今年はいまだ新製品を発表しておらず、「9月」の「iPhone」のイベントで、そのすべての新製品を発表することは考えにくいとされていたことからも、去年と違うタイミングでイベントが開催されると考えることもできます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧