• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • スタライスペンに大きな変革を。「Galaxy Note9」の「Sペン」は「Bluetooth」搭載が確実にって話。

スタライスペンに大きな変革を。「Galaxy Note9」の「Sペン」は「Bluetooth」搭載が確実にって話。

先日の情報からも、Samsungは「8月9日」にイベントを開催し、正式に「Galaxy Note9」を発表する可能性が高いと予測されており、そのイベントの招待状からも大きな進化がないと予測されてきた「Galaxy Note9」ですが「Sペン」が大幅に進化する可能性が高いとされています。詳細は「Samsungが正式に発表。「Galaxy Note9」は「8月9日」に登場へって話。」をご参照下さい。

一部情報では「Galaxy Note9」に搭載される新型の「Sペン」は、「Bluetooth」機能を搭載し、マイクやスピーカーの機能を持つ可能性があると予測されている中、先日の情報では「音楽」のコントロール機能や、セルフタイマーの機能なども対応するなど、今までの「Sペン」とはまったく異なる使い方ができるとされています。詳細は「過去最大のアップデートに。「Galaxy Note9」のSペンは利便性を大幅に向上させるって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」に搭載される新型の「Sペン」がFCCの認証を通過していることが判明したとしており、「Bluetooth」」機能の搭載が確実になったので簡単にまとめたいと思います。



FCCの認証を通過へ。

 

さて今回の情報によると、「Galaxy Note9」に搭載される新型の「Sペン」がFCCの認証を通過したとされており、上記の画像がそのFCCの認証に関する画像になります。まあ確かに通信を行うことがなければFCCの認証を通過させる必要性すらないのですが、上記の画像から確認できるように「Sペン」が「Bluetooth」機能に対応することを確認することができます。

上記の画像からも「Sペン」は「スタライスペン」と表記されていますが、「Sペン」のことを指している可能性は高く、さらに2.4GHz Bluetooth LEに対応していることからも「Bluetooth」機能」を搭載していることに間違いはないです。先日の情報からも「Sペン」は「Bluetooth」機能を搭載するとされてきましたが、今回のFCCの認証情報によって裏付けがとれた形になります。

また今回の情報によって、「Sペン」が「Bluetooth」機能を搭載するために「バッテリー」の搭載が必然となってきましたが、いったいどれくらいの大きさで、さらにでれだけの持続時間があるかは判然としない状況にあります。持続時間や充電方法やペアリングの方法など、Appleが発売している「Apple pencil」は非常に優秀なことからも何かしら真似をしてくる可能性があると考えることができます。

ただ「Galaxy Note9」の本体に内蔵されていることを考えれば、「充電」と「ペアリング」に関しては、本体に内蔵することによって自動的に行われると考えることができます。本体のスペックや新機能以上に、「Sペン」に焦点を合わせていることを考えれば、やはり先日までの情報通り、「Galaxy Note9」は順当なアップデートになると考えることができます。詳細は「4000mAhの大型バッテリーを搭載に。「Galaxy Note9」の本体サイズが判明したって話。」をご参照下さい。

例年の流れであれば「Galaxy Note9」が今年登場する「Galaxy」シリーズの中で最上位機種であると考えることができます。Samsungがどのような発表の仕方をするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧