• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia」史上初の「RAM8GB」に「5G」を搭載。「Xperia XZ3 premium」のベンチマークがリークかもって話。

「Xperia」史上初の「RAM8GB」に「5G」を搭載。「Xperia XZ3 premium」のベンチマークがリークかもって話。

先日の情報からも、今年の後半には「5G」と「4K OLED」を搭載した最上位モデルである「Xperia XZ3 premium」が登場する可能性があると予測されている一方で、かなり情報が錯綜しており、下期は「Xperia XZ3」のみの発表になる可能性もあると予測されています。詳細は「商品力が課題のSONYが商品力で勝負しない。「Xperia XZ3 premium」はやはり今年登場しないって話。」をご参照下さい。

また先日の情報では、仮に「Xperia XZ3 premium」が登場したとしても、搭載CPUは「snapdragon845」になる可能性が高く、「5G」に対応しない可能性もあると予測されている中、別の情報では「5G」に対応するための準備はすでに整っているなど、かなり情報が錯綜しています。詳細は「「4K」と「5G」の搭載は見送りへ。「Xperia XZ3 premium」は「snapdragon845」を搭載してIFA2018で発表かもって話。」と「開発の準備はすでに完了へ。やはり「Xperia XZ3」シリーズは世界初の「5G」対応機種として登場かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、「Xperia XZ3 premium」のものである可能性が高い「H8526」のベンチマークがリークし、そのスペックの一部が明らかになったことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



ベンチマークがリーク。

 

さて今回の情報によると、「Xperia XZ3 premium」のモデル番号である「H8526」のベンチマークがリークしたことを報告しています。まず搭載CPUが「Android9.0」であること。そして搭載CPUが「snapdragon855」を搭載していることが確認されています。

「snapdragon855」を搭載しているのであれば、「5G」に対応している可能性はもちろん、「Xperia XZ2」シリーズと同様に「アスペクト比18:9」を採用する可能性が高いと考えることができます。ただ先日の情報からも、技術的要件がそろったとしても、あえて「Xperia XZ3 premium」でもユーザビリティを優先して「Xperia XZ2 premium」と同様に「アスペクト比16:9」を採用する可能性も考えられます。詳細は「結局は技術的制約に。「Xperia XZ2 premium」が視聴体験を優先してアスペクト比16:9を採用って話。」をご参照下さい。

また今回ベンチマークでは「Xperia」史上初のRAM「8GB」を搭載していることが確認されており、アスペクト比は別の話としてついに「4K OLED」に対応する可能性も考えられます。

今回リークしたベンチマークスコアにおいては、シングルコアが「3033」となっており、マルチコアが「10992」となっていることからも、RAMが増強された恩恵もあると思いますが、基本スペックがかなり底上げされていると考えることができます。ただベンチマークはフェイクもかなりあるため噂半分程度でとらえておいたほうが無難です。

今回の情報が正しければモデル番号が「H」となっていることからも、今年登場する可能性がかなり高いと考えることができ、販売が絶不調である「Xperia XZ2」シリーズを少しでも補填してほしいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧