• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • Samsungにとって大きな売上の損失に。次期「iPhone X」はLG製の有機ELディスプレイを搭載にって話。

Samsungにとって大きな売上の損失に。次期「iPhone X」はLG製の有機ELディスプレイを搭載にって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場が予測されている新型「iPhone」の名称がリークしており、「6.1インチ」を搭載する「iPhone X1」、「iPhone X」の後継機種である「iPhone XS」、そして「6.5インチ」のディスプレイを搭載する「iPhone X Plus」になると予測されています。詳細は「すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

一方でこの3機種に関しては、当初の予測ほど本体価格は上昇しないと予測されており、かなり価格は控えめになるとされています。特に「6.1」インチの新型「iPhone」に関しては、他の2機種と異なり「液晶」を採用し、さらに「3Dタッチ」機能の削除、さらに「シングルカメラ」の搭載など、徹底的にコストカットされている可能性が高いとされています。詳細は「「6.1」インチの新型「iPhone X1」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回SamMobileによると、Appleは次期「iPhone」に採用される「有機ELディスプレイ」のサプライヤーを「Samsung」から「LG」に変更した可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



大きな売上損失に。

 

さて今回の情報によると、Appleは、現在「iPhone X」にのみ採用されている「有機ELディスプレイ」のサプライヤーを「Samsung」から「LG」に変更した可能性が高いと報告しています。現時点でスマートフォンに採用されている「有機ELディスプレイ」の多くは、Samsungから供給を受けており、これはAppleも例にもれず。

ちなみに「Apple」への売上だけでSamsungは数十億ドル程度の利益がでていたとされています。現に「iPhone X」の原価コストは歴代「iPhone」の中でも最も高額となっていますが、その原価の半分程度は「有機ELディスプレイ」となっています。このことからもサプライヤーを「LG」に変更することで原価コストを下げることで、次期「iPhone」の原価コスト及び、本体価格がより下がる可能性があると考えることができます。

Appleは、基本一つのサプライヤーに依存しないように、一つの部品でも複数のサプライヤーに生産の依頼をかけていますが、「有機ELディスプレイ」に関してはちょっと例外でした。今回の情報では「LG」が供給する量は「2~4万枚」程度と、かなりその枚数は少ないとされていますが、問題なく生産できれば供給の量が増える可能性が高いとされています。

以前よりAppleは「LG」に生産を受諾すると予測されていましたが、ようやくその動きが現実になったと考えることができます。少なくとも「LG」はまだSamsungのほどの膨大な数を供給できるとは到底思えませんが、少なくともいずれ、SamsungはAppleから受けていたその利益のほとんどを失う可能性が高いと判断することができます。

一部情報においては「Galaxy Note9」が現行機種と比較してそのデザインにほぼ進化がないのは「コスト削減」のためとされています。つまりSamsungの売上が落ちれば落ちるほどGalaxyシリーズにも何かしらの影響を受ける可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧