• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 今年最後のハイエンドモデル。「Xperia XZ3」の存在が正式に確認されたって話。

今年最後のハイエンドモデル。「Xperia XZ3」の存在が正式に確認されたって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも今年後半に登場が予測されている「Xperia XZ3」のスペックからも、「Xperia XZ2」から大きな進化はないとされており、一方で大きな特徴としては「デュアルレンズカメラ」を搭載する程度になるとされています。詳細は「寄せ集めの技術で進化はない。「Xperia XZ3」のスペックがまた新たに判明したって話。」をご参照下さい。

一方でデザインに関してもかなり情報が錯綜しており、先日公開された「レンダリング画像」においては「アンビエントフロー」が継続される可能性が高いとされており、このデザイン自体が、初代Xperia以降、大きな変化を遂げたと一見思いがちですが、徐々に原点回帰している可能性が高いとされています。詳細は「デザインの刷新は叶わず。「Xperia XZ3」のレンダリング画像が初めて公開されたって話。」と「すべての始まりは「2012年」から。「Xperia XZ3」シリーズは「Xperia S」のデザインに原点回帰するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、未発表である4つ目の「ハイエンドモデル」の存在が初めて確認された可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



その存在が確認される。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

H8416 confirmed. This time not screenshot-only but can be confirmed at unprof. 

I guess this is the Akatsuki?

さて今回の情報によると、「H8416」の存在が非公式に確認されたとしています。これはSonyの公式Unprofサイトで確認できるものであり、一部スペックも判明しています。まず搭載CPUは「Android8.0」を搭載しているとされており、登場時期を考えれば、製品版は「Android9.0」を搭載している可能性が高いと考えることができますが、少なくともテストの段階で「Android8.0」で動いていると考えることができます。

そして表示解像度が「2160×1080」であることからも、「アスペクト比18:9」を採用していると考えることができます。今回判明したスペックと、先日リークした「Xperia XZ3」のスペックはほぼ一致しており、今回の投稿でも触れている「Akatsuki」つまり「Xperia XZ3」である可能性がかなり高いと考えることができます。詳細は「技術的制約の果てに「2K」を搭載に。「Xperia XZ3」のベンチマークがリークしたって話。」をご参照下さい。

発表時期を考えれば、その存在が確認されてもおかしくはない時期ではあります。ただ一部情報では「Xperia XZ3」を含めた3機種が「Xperia XZ3」シリーズとして登場する可能性が高いと予測されている中、ここ最近に関しては「Xperia XZ3」以外の情報はほとんど出てきません。詳細は「「Xperia」第3章の終幕は「Xperia XZ3」へ。Sonyは2019年にかけてやはり「Xperia」生誕10周年記念モデルを発表かもって話。」をご参照下さい。

このことからも、今年の後半に登場するハイエンドモデルは「Xperia XZ3」のみになる可能性があると考えることもできます。だからこそ「Xperia XZ2 premium」の発表時期が極端に遅いと考えたほうが整合性がつきますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧