• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「6.5インチ」はその手の負担にならない。今年登場する新型「iPhone」のケースを比較した動画が公開にって話。

「6.5インチ」はその手の負担にならない。今年登場する新型「iPhone」のケースを比較した動画が公開にって話。

事前情報と異なり、いまだ「iPhone SE2」は発表されていませんが、今年登場すると予測されている新型「iPhone」は全部で4機種あるとされており、そのうちの3機種は今年の9月に発表されると予測されています。その中でも注目が高いのが「6.5インチ」のディスプレイを搭載するとされている「iPhone X Plus」になりますが、先日の情報からも「iPhone 8 Plus」より僅かながら小型化するとされています。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。

一方でこの「iPhone X Plus」の回路図が先日にリークしており、本体のサイズが事前情報と一致していること。そして何より「トリプルカメラ」を搭載する可能性があると予測されており、もともと評価の高かった「iPhone」のカメラですが、「iPhone X Plus」で再び世界一の座を奪い返す可能性があるとされています。詳細は「世界最高峰のカメラを搭載に。「iPhone X Plus」の回路図がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、今年発表が予測されている新型「iPhone」3モデルの専用ケースを比較した動画が公開されていることを報告しており、より3モデルの大きさの差がわかりやすくなっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



専用ケースの比較動画が公開に。

 

さて今回公開された画像が上記の画像になります。左から「iPhone X Plus」、「iPhone X」の後継機種、そして「6.1インチ」の新型「iPhone」だと考えることができます。ちなみに先日の情報ではこれら新型「iPhone」の名称は左から「iPhone X Plus」、「iPhone XS」、「iPhone X1」になる可能性があると予測されています。詳細は「すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

また今回の情報では、先日の情報を裏付けるように、「iPhone X Plus」は「トリプルカメラ」を搭載していることを示唆していることを確認することができます。一方で「iPhone X1」に関しては唯一シングルカメラを搭載すると予測されており、先日公開されたレンダリング画像でも確認することが可能になっています。詳細は「「6.1」インチの新型「iPhone X1」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

今回の画像を見る限り、その新型「iPhone」にそこまで本体の大きさに差がないように感じます。少なくとも現行発売している機種の中で、「6.5」インチは最大のディスプレイになりますが、「iPhone X Plus」が極端に持ちにくいということは考えにくいと判断することができます。気になる方は動画もチェックしてみて下さい。

 

一部情報では、appleは当初の予定を大きく変更したとされており、今年発表する新型「iPhone」は「6.1インチ」と「6.5インチ」の2モデルに変更されたとしています詳細は「「iPhone SE2」の発表は絶望的な状況に。今年登場する新型「iPhone」は2モデルのみかもって話。」をご参照下さい。少なくとも「iPhone X」の後継機種はインパクトに欠けるかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧