• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • Samsungの力に頼らず。Sonyは次期「Xperia」で独自開発の「有機ELディスプレイ」を搭載かもって話。

Samsungの力に頼らず。Sonyは次期「Xperia」で独自開発の「有機ELディスプレイ」を搭載かもって話。

情報が二転三転としていますが、先日の情報からも今年の後半に登場が予測されている「Xperia XZ3」や「Xperia XZ3 premium」は「Xperia」シリーズとして初の「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されている中、「Xperia XZ3」に関しては詳細なスペックがリークしていますが、そのリーク情報はフェイクであるとされており、唯一正しいのは「有機ELディスプレイ」を搭載することだとされています。詳細は「「Xperia」初の搭載に。「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報において、Sonyは無理に「有機ディスプレイ」を搭載することは考えていないとされており、その品質が改善しない限り「液晶」を継続採用する可能性が高いとされています。またその陰には「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載も大きく関わっている可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」にも影響が?「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り「液晶」を継続採用するって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「有機ELディスプレイ」のメインサプライヤーであるSamsungの力をSonyは借りない可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



Samsungに頼らず。

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

Sony is not going to get screens from Samsung. 
XZ2 series use 10-bit, BT2020 support and RGB matrix which Samsung Display does not offer. 
XZ2 also has wider gamut than s9+. 

I just watched a video where the italian youtube wss comparing S9+, OP6, P20p, XZ2, G7 and H10. 
3 oled against 3 LCD.. A white image on all devices to see how bright all could push, all with oled had ref tones for the white, all LCD kept white pretty white. 

さて今回の投稿によると、SonyはSamsungからスクリーンの提供を受けないとしています。今回の情報では「有機ELディスプレイ」と直接表記していませんが、現行で「Xperia」に採用されている「液晶」をSamsungから提供されていないことを考えれば、「有機ELディスプレイ」のことを指していると考えることができます。appleでさえ、「iPhone X」に採用されている「有機ELディスプレイ」の生産をSamsungに依存しています。

良くも悪くもSamsungのが世界最大のサプライヤーであることが、「ディスプレイ」の原価コストが上昇している大きな要因になっています。ただappleは今後「LG」に変更する可能性が高いと予測されており、先日の情報からもSonyも「LG」製の有機ELディスプレイを採用する可能性が高いと考えられています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「LG」製の4K有機ELディスプレイを搭載かもって話。」をご参照下さい。

このことからも「Xperia XZ3」で「有機ディスプレイ」を早々と搭載する可能性は低いと考えることができ、さらに今年の後半に「Xperia XZ3 premium」が発表されない可能性が高いと予測されていることを考えれば、すべては来年になる可能性が高いと判断することができ、先日の情報でも来年発表される次期「Xperia」との情報と混同しているとされています。詳細は「「Xperia XZ4」シリーズとの情報が混同に。「Xperia XZ3」シリーズは存在せず「Xperia XZ3」のみにって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧