• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 僅かな可能性を信じて。「Xperia XZ2 tablet」の開発は中止されておらずIFA2018で正式発表かもって話。

僅かな可能性を信じて。「Xperia XZ2 tablet」の開発は中止されておらずIFA2018で正式発表かもって話。

先日の情報からも、「Xperia Z4 tablet」以来の最新「Xperia tablet」を開発している可能性が高いと予測されていましたが、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 compact」の販売実績がSonyの想定を下回ったことからも開発が途中で中止されたとしています。詳細は「復活すべき「Z」。「Xperia Z2」シリーズの売上不調で「Xperia tablet」の開発が中止にって話。」をご参照下さい。

一方で搭載CPUの問題からも「snapdragon820」の時点で正式にタブレットへの対応を終了していることも判明しており、android自体がtabletの開発に積極的ではないことが判明しています。詳細は「2年前からすでに終焉は始まっていた。どちらにせよ「Xperia tablet」は発表されなかったかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、Sonyは「Xperia XZ2 tablet」の開発を継続している可能性が高く、さらに今年の後半に開催されるIFA2018において正式発表される可能性が高い投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



開発は継続に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Spoke to my friend at Vodafone Australia last night, went out for dinner and randomly mentions they’re waiting for an Xperia tablet which they’ll get hopefully 
So we’ll wait and see if it does appear or not now.

さて今回の投稿によると、オーストラリアのボーダフォンに勤める友人に会った際に、彼らは「Xperia tablet」の登場を待っている状態にあるとしています。この「待っている」というのがどのような意味合いなのか判然としませんが、一つ目の解釈の仕方としては、すでに取り扱うが決定しており、その正式発表を待ち望んでいること。そして2つ目は単純に希望的に待っているだけと、大きく2つの解釈が可能になります。

キャリアに勤める友人の話だからこそ、その登場が余計に期待されています。ただ冒頭でも記述しましたが、新型tabletは「Xperia Z5 tablet」として開発が進行していたとされており、少なくとも「Xperia XZ2」のファームウェアからもその開発が進行していたことは間違いないと考えることができます。詳細は「その存在が実在へ。「Xperia XZ2 tablet」と「Xperia XZ2 tablet compact」は開発中って話。」をご参照下さい。

またSonyは「Xperia Z5 tablet」と「Xperia Z5 tablet compact」の2種類を開発していたとされており、果たして先日の情報通り、この2種類とも本当に開発が中止したのかが大きなキーとなります。Googleでさえ「tablet」の開発を中止している中、業績が深刻な状態にあるSonyが本当にタブレットをリリースしてくるのかちょっと疑問に残ります。ただ待望しているユーザーもかなり多いと考えることができます。

先日の情報からもSonyは「変化」の段階に移行したとされており、tabletこそ分かりやすい独自路線となります。詳細は「「Z」から続く進化の「5年」。SONYは「Xperia XZ3」シリーズで「進化」より「変化」を重要視かもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧