FCCの認証を通過へ。「Galaxy Note9」がまもなく正式発表にって話。

先日公開されたレンダリング画像からも、「Galaxy Note9」の本体カラーは「5色」展開になると予測されていますが、「デザイン」に関しては、「Galaxy Note8」から大きな変更がないと予測されています。またデザインの変更が小規模に留まるのは「コスト削減」のためである可能性が高いと予測されています。詳細は「5色展開に。「Galaxy Note9」の超精細なレンダリング画像が公開されたって話。」と「カメラが特徴の「Galaxy Note9」。デザインが変わらない理由が判明したって話。」をご参照下さい。

一方で、この「Galaxy Note9」は「8月2日」にニューヨークで正式発表されると予測されている中、従来の流れと同じく「中国」や「韓国」では大容量モデルが登場するとされており、「Galaxy」シリーズとしては初の「512GB」モデルが追加されるとしています。詳細は「やはり「韓国」と「中国」限定に。「Galaxy Note9」は一部地域で「512GB」モデルが展開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」がFCCの認証を通過していることが判明しており、いよいよ正式発表が間も無くだろうと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


FCCの認証を通過に。

 

さて今回の情報によると、Samsungが「Galaxy Note9」のFCCの認証を通過させていることが判明したとしており、FCCの認証情報が上記の画像になります。上記の画像からも、4月中旬には認証を通過していたと判断することができ、「Galaxy Note9」は少なくとも2ヶ月以上前に最終盤が確定したと考えることができます。

先日の情報では、当初の予定では、「7月下旬」に正式発表されると予測されていましたが、「グリップ感」の改善のため正式発表が延期されたとしていますが、この情報は少なくとも、かなり前の話なのか、それともデマだったのかのどちらかになります。詳細は「持ちやすさに強いこだわりが。「Galaxy Note9」の正式発表は2週間程度遅れて「8月中旬」にって話。」をご参照下さい。

ただ「グリップ感」の改善の影響なのか、先日判明した「Galaxy Note9」の本体サイズでは、現行の「Galaxy Note8」よりもかなり厚みが増していることが確認されており、さらに重みも増していることからも、「Galaxy Note8」よりはより手にフィットする可能性が高いと考えることができます。詳細は「4000mAhの大型バッテリーを搭載に。「Galaxy Note9」の本体サイズが判明したって話。」をご参照下さい。

今回の情報によると、少なくとも3つのモデルが存在しているとされており、発売地域に合わせてのモデルが存在していると考えることができます。何よりFCCの認証が通過していることを考えれば、正式発表は間も無くだと考えることができます。。

本体のスペックの底上げはもちろんですが、それ以上に先日の情報では「Sペン」が大幅に強化されると予測されており、「galaxy S」シリーズとより区別が明確化すると考えることができます。詳細「その「価値」だけでも機種変する価値がある。「Galaxy Note9」のSペンは最高品質かもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧