もう少しの辛抱。「Face ID」対応の「iPad Pro」や安価な「MacBook Air」が10月以降に登場へって話。

先日の情報からもAppleが今年発表されると予測されている3モデルの新型「iPhone」にどうしても注目がいきがちですが、一方で「iPad Pro」や「MacBook」なども刷新される可能性が高いと予測されており、「iPad Pro」に関しては「iPhone X」と同じく「Face ID」を搭載する可能性が高いとされています。詳細は「2018年登場。「iPhone」から「iPad」、「Apple Watch」とすべてに「Face ID」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方でこの情報を裏付けるかのように、ようやくパブリックβ版の配信も開始した「iOS12」ですが、先日の情報からもこの「iOS12」の中に「iPad Pro」が「Face ID」の搭載を示唆するコードが記述されていることが判明したとされていることからも、次期「iPad Pro」では「Face ID」が搭載されると予測されています。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、今年の後半にかけて、新型「iPhone」が3モデル、そして「Face ID」に対応した次期「iPad Pro」、そして「MacBook Air」が登場する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



10月以降に登場へ。

 

さて今回の情報は、Apple関連の情報に精通しているMing-Chi Kuo氏による投資家向けのレポートによって判明した情報であるとしながら、まず今年は事前情報通り、「5.8インチ」・「6.1インチ」・「6.5インチ」の合わせて3種類の新型「iPhone」が登場すると報告しています。

その中でもエントリーモデルの立ち位置になると予測されている「6.1インチ」の新型「iPhone」に言及しており、「iPhone X」と同様のベゼルレスデザインを採用する一方で、ディスプレイは「液晶」を採用し、さらに「シングルカメラ」の採用、そして「3D touch」などの機能を非搭載することによって本体価格は抑え目になるとしています。

今回の情報によると、$700~$800になると予測しており、日本円で約「7万6000円」程度になると予測しています。先日の情報においても、今年発表される新型「iPhone」の本体価格はかなり抑え目になると予測されており、今回の情報と一致しています。詳細は「積極的な価格設定に。新型「iPhone」3モデルの価格を抑えめで、「iPhone X Plus」もそこまで高くないって話。」をご参照下さい。

さらに、今年は「ディスプレイ」が大型化した「Apple Watch」や、「Face ID」を搭載したフルモデルチェンジとなる「iPad Pro」。そしてより安価となる新型「MacBook Air」が発表されると予測していますが、その登場時期に関しては、「9月」から「10月」の間に期待すべきではないとしています。

このことからも、発表は「9月」にされたとしても、実際の発売日は「11月」以降になる可能性が高いと予測することができます。3月に開催されたイベント、そして6月に開催されたWWDC2018において、ほぼ新製品が発表されていないことからも、9月のイベントにおいては、新製品の発表が盛りだくさんになる可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧