• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • カメラの進化がとまらない。「Galaxy S10」では1インチサイズの巨大なデュアルレンズカメラを搭載かって話。

カメラの進化がとまらない。「Galaxy S10」では1インチサイズの巨大なデュアルレンズカメラを搭載かって話。

先日の情報からも、「Galaxy」シリーズの記念すべき10周年モデルになると予測されている「Galaxy S10」ですが、折りたたみ式を採用した「Galaxy X」との競合を避けるために、来年の1月に開催が予定されているCES2019」において正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

「Galaxy S10」は大きくデザインが変更されないと予測されている中、生体認証に関しては大きく変更される可能性があるとされており、先日の情報では「Galaxy」シリーズとして初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されるとされている一方で「虹彩認証」は廃止になる可能性が高いとされています。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」と「「虹彩認証」は廃止へ。「Galaxy S10」は2つのディスプレイを搭載で登場へって話。」をご参照下さい。

さて今回vortex.geによると、次期「Galaxy S10」では1インチサイズ超えの大型カメラセンサーを搭載する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



大型カメラを搭載に。

 

さて今回の情報によると、「Galaxy S10」は従来の「Galaxy」シリーズとは異なるデザインを採用すると報告しています。確かに直近の情報においても、公開された特許から次期「Galaxy」シリーズでは「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性が示唆されています。詳細は「極限の「ベゼルレスデザイン」と「背面ディスプレイ」。次期「Galaxy」はスマートフォンの在り方をかえるって話。」をご参照下さい。

このことからも、特に「ベゼル」がよりスリム化することは予測することができますが、デザインが刷新となるのは正直なところ初耳です。さらに今回の情報では「Galaxy S10」シリーズの「デュアルレンズカメラ」に関しても言及しており、「1200万画素」と「1600万画素」のデュアルレンズカメラを搭載する可能性が高いとしています。

一方で「Pro」モデルも存在しているとしており、「Pro」モデルは「1200万画素」と「2000万画素」のデュアルレンズカメラを搭載するとしています。また両モデルに共通して「1インチ」以上の大型カメラを搭載するとされていることからも、カメラは大幅に向上すると予測することができます。

ちなみに現行で発売されている機種において、同等のカメラセンサーを搭載しているのが「Huawei P20 Pro」になるとされており、今回の情報が正しければ「Galaxy S10」シリーズにおいては世界最高峰のカメラを搭載すると考えることができます。ただ、「Galaxy S10」シリーズにおいては、まだ情報が錯綜している面もあり今回の情報もどれだけ信憑性があるのか判然としません。

ただ「Galaxy S10」は「ディスプレイ」を通して「血流」や「心拍」を計測することが可能になると予測されています。詳細は「記念すべきモデルには驚きの新機能が。「Galaxy S10」はディスプレイ上で「血流」と「心拍」が計測可能にって話。」をご参照下さい。デザインの刷新に加え、新機能が続々と搭載されれば、「Galaxy S8」シリーズ以来の大ヒットになると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧