• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「6.1」インチの新型「iPhone X1」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

「6.1」インチの新型「iPhone X1」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

先日までの情報では、「iPhone SE2」を筆頭に今年は4つの新型「iPhone」が発表されると予測されていましたが、少なくとも先日開催されたWWDC2018において「iPhone SE2」は正式発表されませんでした。またAppleは当初の計画を大きく変更したとされており、今年発表される新型「iPhone」は2つになると予測されています。詳細は「「iPhone SE2」の発表は絶望的な状況に。今年登場する新型「iPhone」は2モデルのみかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報では、次期「iPhone」の専用フィルムをされているものがリークしており、次期「iPhone」のすべてに「X」が採用される可能性が高いとされており、読み方に関しても「テン」ではなく「エックス」になる可能性が高いと考えられています。詳細は「すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

さて今回BGRによると、「6.1インチ」のディスプレイを採用すると予測されている「iPhone X1」のレンダリング画像が新たに公開されたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像が。

 

さて今回の情報は、信頼のできる情報筋からの情報として、ケースメーカーが作成した「iPhone X1」の新たなレンダリング画像であるとしており、上記が今回公開されたレンダリング画像になります。また今回リークしたレンダリング画像は、過去にもかなりのリーク実績を持っていることからも、かなりの情報の信ぴょう性が高いと考えることができます。

今回のレンダリング画像を確認する限り、「iPhone X1」は「iPhone X」と同様に「ノッチスタイル」を採用していることを確認することができ、やはり「Touch ID」は搭載されていません。また背面には「シングルカメラ」を搭載していることを確認することができます。

今年登場が予測されている新型「iPhone」は「デュアルレンズカメラ」を搭載しているとされている中、事前情報と同じく、「iPhone X1」のみが「シングルカメラ」を搭載すると予測されていましたが、今回のレンダリング画像によってほぼ確定したと考えることができます。

またディスプレイに関しては「6.1インチ」の「液晶」を採用するとされており、やはり事前情報と一致していることからも、ミドルレンジモデル的な立ち位置であることを確認することができます。冒頭でも記述しましたが、今年登場する新型「iPhone」の2モデルのうち、その一つは、今回リークした「iPhone X1」になるとされています。

「3D touch」など非搭載なるなど、スペックが地味の抑え目になるとされている一方で、そのデザインに関してはハイエンドモデルと遜色ないと考えることができます。先日の情報からも価格は抑えめになるとされています。詳細は「積極的な価格設定に。新型「iPhone」3モデルの価格を抑えめで、「iPhone X Plus」もそこまで高くないって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧