• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 技術的制約を乗り越えて。「Xperia XZ3 premium」とされる「H8616」の存在のスペックがリークしたって話。

技術的制約を乗り越えて。「Xperia XZ3 premium」とされる「H8616」の存在のスペックがリークしたって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも今年の後半に開催が予定されているIFA2018において、SONYは「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」、そして「Xperia XZ3 premium」が発表されると予測されており、さらに「Xperia XZ3」シリーズのイラスト図もリークしています。詳細は「「アンビエントフロー」は継続に。「Xperia XZ3 premium」や「Xperia XZ3」のデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、少なくとも今年においては「Xperia XZ2 premium」以上の機種が登場する可能性は低く、さらに「premium」や「Compact」モデルは登場しないなどと真逆の情報もあります。詳細は「商品力が課題のSONYが商品力で勝負しない。「Xperia XZ3 premium」はやはり今年登場しないって話。」と「欠けた2つの大きすぎる存在。IFA2018では「Xperia XZ3 premium」や「Xperia XZ3 Compact」は発表されないって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Xperia XZ3 premium」とされている「H8616」のスペックの一部がリークしたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



その存在が明らかに。

 

さて今回の情報によると、「Xperia XZ3 premium」とされている「H8616」の一部スペックがリークしたと報告しており、まず搭載OSは「Android9.0」となっています。搭載CPUに関しては登場時期を考えれば順当であると考えることができ、先日の情報でもSONYは今後アップデートは迅速に行う可能性が高いとされています。詳細は「「Android8.1」のスキップは必然に。「Xperia XZ3」シリーズで「Android P」を最速で提供する機種になるかもって話。」をご参照下さい。

また今回の情報では「表示解像度」が「3840×1920」になっており、ちょっとおかしい気もしますが「4K+」に対応していることになっています。つまり必然的にアスペクト比「18:9」を採用していることになります。先日の情報からも「snapdragon845」が「4K+」の表示解像度に対応していないことからも、次期「premium」モデルでは「snapdragon855」の搭載が必要であるとされています。詳細は「4Kが足枷に。「Xperia XZ2 premium」がアスペクト比「16:9」を採用した理由が判明したって話。」をご参照下さい。

先日の情報では、SONYは世界初の「5G」対応するスマートフォン、つまり「Xperia XZ3 premium」を発表すると予測されている一方で直近の情報では「Xperia XZ3 premium」は「snapdragon845」を搭載するとの予測もあります。詳細は「3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。」と「「4K」と「5G」の搭載は見送りへ。「Xperia XZ3 premium」は「snapdragon845」を搭載してIFA2018で発表かもって話。」をご参照下さい。

そもそも存在していたとしても今年発表されるとは限りません。ただ何かしらの技術的制約にぶつかっているとされている次期「Xperia」ですが、今回の情報が正しければ、その壁を乗り越えたことになります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧