• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「虹彩認証」は廃止へ。「Galaxy S10」は2つのディスプレイを搭載で登場へって話。

「虹彩認証」は廃止へ。「Galaxy S10」は2つのディスプレイを搭載で登場へって話。

Samsungとしては「Galaxy」シリーズとして初の「折りたたみ式」を採用した「Galaxy X」を2019年のプレミアムモデルとして位置付けるために、2月に開催が予定されている「MWC2019」で発表すると予測されている一方で、「Galaxy S10」シリーズに関しては、「Galaxy X」との競合を避けるために「1月」に発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、「Galaxy S10」は、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を初めて搭載すると予測されている一方で、先日にはコードネームが判明しており、さらに「デザイン」自体も大きな変更はないと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」のディスプレイサイズが従来と同じく2つサイズがあること。そして「虹彩認証」が廃止されることを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「虹彩認証」は廃止へ。

 

さて今回の情報によると、「Galaxy S9」シリーズで初めて搭載された「虹彩認証」と「顔認証」を組み合わせた「インテリジェントスキャン」ですが、この「インテリジェントスキャン」は早くも「galaxy S10」では廃止になるとされており、その根底にある「虹彩認証」が廃止になると報告しています。

次期「Galaxy S10」で「虹彩認証」が廃止される理由として、まず、「ベゼルのスリム化」の改善を目指しており、Samsungは現在より小型の顔認証モジュールを開発しているとしています。つまりよりベゼルをスリム化するには、各種センサーを小型化する必要性があり、その上で、「虹彩認証」のセンサーは邪魔になると判断したと考えることができます。

ただ、「虹彩認証」より「顔認証」のほうがトレンドでありつつ、その認証精度も高いことからも、「顔認証」を優先して開発していると考えることができます。また先日の情報の通り、「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載によって、「虹彩認証」は必要ないと判断したともされています。

先日の情報では「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載によって、ユーザーが「ディスプレイ」にふれるだけで「血流」や「心拍」なども計測が可能になると予測されています。詳細は「記念すべきモデルには驚きの新機能が。「Galaxy S10」はディスプレイ上で「血流」と「心拍」が計測可能にって話。」をご参照下さい。

今回の情報では「Galaxy S10」では、「5.8インチ」と「6.3インチ」のディスプレイを搭載しており、さらにベゼルのスリム化が行われるため、「Galaxy S9」や「Galaxy S9+」より小型化する可能性があるとしており、先日の情報とも一致しています。詳細は「「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペックにその意味は反映されていないかもって話。」をご参照下さい。

先日公開された特許においては、次期「Galaxy」シリーズで完全にベゼルレスのデザインを採用しようと開発していることが判明しています。詳細は「極限の「ベゼルレスデザイン」と「背面ディスプレイ」。次期「Galaxy」はスマートフォンの在り方をかえるって話。」をご参照下さい。「Galaxy S10」でどこまでスリム化できるか続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧