• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。

すべてに「X」の名を冠する。今年登場する新型「iPhone」の正式名称が判明したかもって話。

ユーラシア経済連合の認証情報からも、「iPhone SE2」がWWDC2018で発表される可能性が高く、今年登場が予測されている新型「iPhone」は、「iPhone SE2」含めて4機種あると予測されており、共通して「Face ID」を搭載する可能性があると予測されていました。詳細は「4つの新型「iPhone」。筆頭は「iPhone SE2」が高価なモデルとして6月に登場へって話。」をご参照下さい。

しかしながら先日開催されたWWDC2018では正式発表されず、事前情報にあったように「9月」に持ち越しになるかと考えられていた中、先日の情報では、Appleは今年発表する新型「iPhone」のラインナップは大きく変更した可能性があるとされており、「6.1インチ」と「6.5インチ」の2つのモデルしか発表しない可能性があるとされています。詳細は「「iPhone SE2」の発表は絶望的な状況に。今年登場する新型「iPhone」は2モデルのみかもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、今年登場する新型iPhoneの専用フィルムの画像が投稿されており、「正式名称」が判明した可能性があるので簡単にまとめたいと思います。



正式名称が判明に?

 

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。左から「5.8インチ」モデル・「6.1インチ」モデル。そして「6.5インチ」モデルの専用フィルムであると考えることができます。先日の情報では、「5.8インチ」の新型「iPhone」は登場しないとされていますが、単純にマイナーアップデートで登場する可能性もあると考えることができますよね。

そして今回の専用フィルムの下のほうに名称のようなものが記載されていることを確認することができます。仮にこの記載が名称だとすれば、「5.8インチ」モデルが「iPhone XS」、「6.1インチ」モデルが「iPhone X1」、そして「6.5インチ」モデルが「iPhone XP」もしくは事前情報通り「iPhone X Plus」だと考えることができます。

ただこうなると「iPhone XS」に関しても略称である可能性を考えることができ、「iPhone X small」がいいところでしょうか。確かに先日の情報でも、今年登場する新型「iPhone」の名称はよりシンプルになるとされており、さらに「ハイエンドモデル」に関しては「X」を冠するとされていました。詳細は「ユーザーの混乱を招く可能性も。次期「iPhone」の名称はよりシンプルに「iPhone」になるかもって話。」をご参照下さい。

今回の記載が「正式名称」であれば、すべてが「X」を冠しており、むしろ新しい命名規則に変更されたと考えたほうが無難かもしれません。また例えば「iPhone X1」であれば「アイフォーン テン ワン」という呼び方はさすがにおかしいので、「X」は「テン」ではなく、「エックス」と呼ぶようになる可能性も考えらます。

情報が錯綜していますが、先日の情報では「5.8インチ」モデルも、「大型カメラセンサー」を搭載して登場すると予測されています。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。先日の情報通り、「5.8インチ」が登場しないのか、ただ逆にいえば「6.1インチ」と「6.5インチ」モデルは登場する可能性が非常に高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧