• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2
  • デザインが未完成の証拠に?「Xperia XZ2」は内部スペースにかなり空きがあるって話。

デザインが未完成の証拠に?「Xperia XZ2」は内部スペースにかなり空きがあるって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の販売実績は今後のsonyの命運を占うとされており、場合によっては今後の販促スケジュールが大きく変更される可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ2」の販売不振が「X」シリーズを終焉へ。「Xperia XZ4」で「X」シリーズが完結って話。」をご参照ください。

またこの情報を裏付けるかのように、先日の情報では「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の売り上げがsonyの想定を下回ったとされていることからも、開発中であった「Xperia Z5 tablet」と「Xperia Z5 tablet Compact」の開発が打ち切りになったとされており、tabletを待望していたユーザーにとっては非常に残念な結果となっています。詳細は「2年前からすでに終焉は始まっていた。どちらにせよ「Xperia tablet」は発表されなかったかもって話。」をご参照ください。

さて今回海外の投稿フォーラムESATOにおいて、「Xperia XZ2」には内部スペースがかなりあることに何か意味があるような意味深な投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



意味深な投稿。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

yes, I expect XZ2P to give more than everything being promised…

BTW, here is some interested pic about XZ2. As you can see XZ2 have a lot of “empty space”

今回の投稿は、ESATO上でもかなり定評のある人物による投稿となっており、今回の投稿によると、上記の画像からも確認できるように「Xperia XZ2」には内部スペースにかなり空きがあることを指摘しています。今回の投稿で、正直同氏が何を示唆しているのか判然としない状況にあります。

単純に内部スペースに無駄が多いことを指摘したのか、それとも何か別のことを示唆しているのか判然としません。ただ先日の情報からも「XperiaXZ3」では何かしらに技術的制約によって、デザインの変更に支障が出ているとされています。詳細は「技術的制約でまた懸念事項が1つ。「Xperia XZ3」シリーズは未完のデザインで登場かもって話。」をご参照ください。

ただ「Xperia XZ2」から採用した「アンビエントフロー」だからこそ、「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 Compact」にも共通した何か問題があると考えることができます。「Xperia XZ2」から採用されたアンビエントフローは、「人口工学」を優先した考えとなっており、逆に言えば、効率がいい内部設計ではないと考えることができます。詳細は「美学を優先して無駄が多い。「Xperia XZ2 premium」のデザインはやはり改悪って話。」をご参照ください。

「Xperia XZ2」は今後登場する次期「Xperia」のベースとなる内部設計をしていると考えることができ、逆にいえば「Xperia XZ2」では搭載されなかった、何かしらの新機能を次期「Xperia」に搭載しやすいように、あえて空いているのか気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧