• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。

あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。

Samsungが初の折りたたみ式を採用すると予測されている「Galaxy X」ですが、先日の情報では、開いた状態では「7インチ」以上のタブレットサイズに。少なくとも「3.5インチ」以上のディスプレイが2つ搭載されている可能性が高いと予測されています。詳細は「MWC2019で発表へ?折りたたみ式を採用した「Galaxy X」は「3.5インチ」ディスプレイを複数搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、Samsungは2019年において、そのプレミアム感をより強調するためかMWC2019で発表すると予測されており、その代わり次期「Galaxy S10」は競合を避けるためにも例年より早く1月に正式発表されると予測されていることからも2019年上半期においては「Galaxy X」が中心的な立ち位置になると予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Forbesによると、「Galaxy X」の本体価格はスマートフォンでは史上最高価格とも言える「20万円」を超える可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



本体価格は20万円を超える。

さて今回の情報によると、折りたたみ式を採用した「Galaxy X」は、進化に物足りなさを感じる「Galaxy Note9」とは別に最高のスペックを搭載した状態で登場するとしており、その分本体価格が「$1850」になる。つまり日本円で約「20万円」になると、非常に高価な価格設定になるとしています。

折りたたみ式を採用したハイエンドモデルの登場は、スマートフォンの世界を一変させる可能性もある中、価格に関しても一変させる可能性があると考えることができます。また今回の情報では、サプライヤーが「11月」のSamsungに部品の提供を開始するとしており、CES2019においてプロトタイプを一部関係者に公開する可能性があるとしています。

先日の情報でも今年の1月に開催されたCES2018においても、「Galaxy X」のプロトタイプを一部関係者に公開したとしていますが、この時は様々なモデルが存在していたとされています。詳細は「やはり。「Galaxy X」はCES2018で関係者のみに公開されたって話。」をご参照下さい。

ただ今回の情報通りに「CES2019」で公開されるプロトタイプは、2月の正式発表されることを考えればほぼ完成形に近いと考えることができます。さらに今回の情報で、「Galaxy X」は内側に2つ「ディスプレイ」、そして外側に1つの「ディスプレイ」を搭載するとしており、最低でもディスプレイが「3つ」あると考えることができます。。

先日の情報からもSamsungに続き、「Apple」や「SONY」、そして「LG」も折りたたみ式を採用したモデルを開発してると予測されており、2019年のトレンドは「ベゼルレス」ではなく「折りたたみ」式になると考えることもできます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧