4000mAhの大型バッテリーを搭載に。「Galaxy Note9」の本体サイズが判明したって話。

先日には、リークしたCADを元に作成された「Galaxy Note9」の超精密なレンダリング画像が公開されており、「Galaxy S9」とは異なり、並行型の「デュアルレンズカメラ」が搭載されることが判明しており、さらに「背面」に「指紋認証」を搭載していることからも「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されないと予測されています。詳細は「ここまでデザインが変わらないものか。「Galaxy Note9」の信憑性が高いレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さらに先日公開されたレンダリング画像において、「Galaxy Note9」の本体カラーが「5色」になることが判明しており、従来の「Galaxy Note」シリーズとはまた異なるカラー展開になることも判明しています。詳細は「5色展開に。「Galaxy Note9」の超精細なレンダリング画像が公開されたって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」と「Galaxy Note8」の本体サイズを比較した画像が公開しており、やはり事前情報通り「Galaxy Note9」が僅かながら小型化していることが再度確認されたので簡単にまとめたいと思います。



本体サイズが判明した。

 

さて今回同サイトによると、「Galaxy Note9」の「本体サイズ」が判明したことを報告しており、さらに「Galaxy Note8」と比較した画像も合わせて公開しています。今回の情報によると、「Galaxy Note9」の本体サイズは「162 X 76.3 X 9.5mm」となっており、一方で「Galaxy Note8」の本体サイズが「162.5 X 74.8 X 8.6mm」となっていることからも、僅かながら小型していることを確認することができます。

ただ先日の情報では「Galaxy Note9」のグリップ感を改善するために一部仕様が変更されたとされていますが、だいぶ横幅が増しており、さらに本体の厚みがかなり増していることも気になります。詳細は「持ちやすさに強いこだわりが。「Galaxy Note9」の正式発表は2週間程度遅れて「8月中旬」にって話。」をご参照下さい。

また先日の情報では、コスト削減のために本体のデザインを大きく変更しないとされていますが、今回の本体サイズを確認する限り、地味にサイズが変更されていることが確認することができます。詳細は「カメラが特徴の「Galaxy Note9」。デザインが変わらない理由が判明したって話。」をご参照下さい。

さらに今回の情報では、「Galaxy Note9」のバッテリーの搭載位置を示したイラストも公開されています。上記の画像において、「Galaxy Note9」が左側で、情報源においては何も言及していませんが、右側が「Galaxy S9+」であると考えることができます。

両機種のバッテリーの体積を比較すると「Galaxy Note9」に搭載されているバッテリーはかなり大型化していると考えることができ、先日の情報にあるように「4000mAh」のバッテリーを搭載する可能性が高いと考えることができます。詳細は「爆発しないでね。「Galaxy Note9」は「4000mAh」の大型バッテリーを搭載かもって話。」をご参照下さい。

ただ大型バッテリーの搭載によって本体の厚みが犠牲になったのかちょっと気になるところです。先日の情報からも「8月2日」に正式発表されると予測されています。詳細は「確実な進化を遂げて。「Galaxy Note9」は「8月2日」にニューヨークで正式発表って話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧