5色展開に。「Galaxy Note9」の超精細なレンダリング画像が公開されたって話。

先日リークした「Galaxy Note9」の専用ケースからも「Galaxy Note8」とは異なり謎のボタンが搭載されていること。そして「Galaxy S9」シリーズとは異なり「並行型」の「デュアルレンズカメラ」が搭載される可能性が高いと予測されています。詳細は「何か新機能を搭載に?「Galaxy Note9」の新しいケースから謎のボタンの存在が判明したって話。」をご参照下さい。

また一部仕様の変更があっても、「Galaxy Note8」とほとんどデザインが変わらないとされている「Galaxy Note9」ですが、先日の情報では「コスト」削減のためにデザインの変更が行われていないとされています。詳細は「カメラが特徴の「Galaxy Note9」。デザインが変わらない理由が判明したって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note9」の本体カラーが判明し、「5色」展開になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



本体カラーが判明に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。先日までの情報通り、「並行型」のデュアルレンズカメラを搭載しており、さらに批判の多かった「指紋認証」はカメラレンズの下に搭載されていることを確認することができます。

また一部情報には「Galaxy Note9」から「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されると予測されていましたが、「背面」に「指紋認証」が搭載されていることを考えれば、「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されていないと考えることができます。詳細は「また新たな特許が。「Galaxy Note9」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回のレンダリング画像で明らかになったのが「本体カラー」です。上記の画像のように「ブルー」・「ブラウン」・「ブラック」・「ラベンダー」・「グレイ」の5色展開であることを確認することができます。ただ最近の傾向を見る限り、一つの市場で展開されるのは2色から3色になります。

日本市場では「2色」展開がいいところだと考えることができます。ほぼそのデザインが明らかになった「Galaxy Note9」ですが先日の情報では「8月2日」にニューヨークで正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「確実な進化を遂げて。「Galaxy Note9」は「8月2日」にニューヨークで正式発表って話。」をご参照下さい。

スペックに関しては、やはり「Galaxy S9」と同様に「カメラ」が大きな特徴になると予測されており、さらに一部地域限定でRAM「8GB」のストレージ「512GB」モデルが登場すると予測されています。詳細は「最大の特徴はやはり「カメラ」に。「Galaxy Note9」のカメラのスペックが一部リークしたって話。」と「今年の最上位モデル「Galaxy Note9」はRAM「8GB」にストレージ「512GB」って話。」をご参照下さい。

デザインの変化がないことが売り上げにどのような影響を及ぼすのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧