• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • ラインナップの整理はまだ始めず。SONYはIFA2018で「Xperia R2」を正式発表にって話。

ラインナップの整理はまだ始めず。SONYはIFA2018で「Xperia R2」を正式発表にって話。

先日の情報からもFCCの認証情報から、SONYは今年の後半に開催されるIFA2018において「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」、そして「Xperia XZ3 premium」を発表すると予測されていますが、一方で「Xperia XZ3 premium」は発表されず、今年の主力機種は「Xperia XZ2 premium」になると予測されています。詳細は「IFA2018での登場は確実に?「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」・「Xperia XZ3 premium」の存在が明らかにって話。」と「商品力が課題のSONYが商品力で勝負しない。「Xperia XZ3 premium」はやはり今年登場しないって話。」をご参照下さい。

ただこれら次期「Xperia」の開発スケジュールは「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の売上に大きく影響される可能性があると予測されており、先日までの情報では、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の売上は、SONYの想定を下回っているとされていることからも大きく変更される可能性があると考えられています。詳細は「「Xperia XZ2」の販売不振が「X」シリーズを終焉へ。「Xperia XZ4」で「X」シリーズが完結って話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「ローエンドモデル」の次期「Xperia」に関する最新情報が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ローエンドモデル」が登場に。

 

IFA2018においては、冒頭でも記述しましたが「Xperia XZ3」シリーズの登場が中心になると予測されており、先日には「Xperia XZ3」は「Xperia」初の「有機ELディスプレイ」が搭載される可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia」初の搭載に。「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

この中で今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Considering L2 already H43/33, maybe

But the panel res I found was 16:9 1920×1080, not that 2180…

One last bit I forgot to mention: the device I found only list 1 type of sensor as IMX135, not 2 like old L2, so I think both front and back maybe 13MP too…

今回の投稿によれば、FCCの認証情報から、SONYは「ローエンドモデル」を開発しており、IFA2018で発表する可能性が高いとしています。少なくとも「アスペクト比」は「16:9」で表示解像度は「FHD」そしてカメラに関しては「1300万画素」である可能性が高いと報告しています。

ただ投稿者においても今回の情報だけでは決めてにかけるようで、少なくとも「ミドルレンジ」モデルではないとしています。今年発表される可能性がある「ミドルレンジモデル」以下のモデルは「Xperia XA2 Plus」と「Xperia R2」になります。先日の情報からも「Xperia XA2 Plus」に関してはアスペクト比「18:9」を採用する可能性が高いと予測されていることからも、今回のデバイスは「Xperia R2」である可能性が高いと考えることができます。

先日までの情報では、SONYは今後「Xperia」のラインナップを整理し、「ローエンドモデル」はもちろん「ミドルレンジモデル」も廃止する可能性があると予測されています。特にローエンドモデルに関しては、「Xperia XZ2」シリーズの販売不調を受けて計画が変更される可能性があります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧