• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 完全にフレームレスに。「Galaxy S10」はついにフルスクリーンデザインになるって話。

完全にフレームレスに。「Galaxy S10」はついにフルスクリーンデザインになるって話。

先日の情報からも、Samsungとして初の折りたたみ式を採用する「Galaxy X」との競合を避けるために、次期「Galaxy S10」は2月に開催が予定されているMWC2019ではなく、1ヶ月早い1月に正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、「Galaxy S8」シリーズで大きなデザインの刷新を果たした一方で、「Galaxy S9」シリーズでは大きなデザイン変更はなく、さらに「Galaxy S10」においても大きなデザイン変更はないと予測されており、一度ベゼルレスデザインを採用するとデザインの変更はかなり難しくなると考えることができます。詳細は「「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペックにその意味は反映されていないかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Vortex.geによると、「Galaxy S10」は完全にフルスクリーンデザインを採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ベゼルレスデザインに。

 

さて同サイトでは以下のような報告をしています。

Samsung-მა ეკრანების კვირეულზე წარმოადგინა სმარტფონის პროტოტიპი, რომელსაც 6.2 დიუმიანი ეკრანი აქვს და მასში ჩაშენებულია დინამიკი, რომლითაც ზარების განხორციალებას შეძლებთ. როგორც ღონისძიებაზე აღნიშნეს, მას Galaxy S10-ში ვიხილავთ და დიახ, Samsung-ის ახალ ფლაგმანურ სმარტფონს არ ექნება ჩარჩოები.

ჯერჯერობით უცნობია სად წაიღეს წინა კამერები, ჩააშენეს თუ არა ეკრანში, მაგრამ უკვე ვიცით, რომ დიზაინი ნამდვილად სრულად უჩარჩოო იქნება.

次期「Galaxy S10」は「6.2インチ」のディスプレイを搭載しているとしており、さらに「スピーカー」含めてすべて内臓されている。つmりディスプレイの下に統合されていると考えることができます。また「インカメラ」がどのような仕様になっているか判然としないとしながらも、完全にフレームレスデザインになっているとしています。

現行の「Galaxy S9」シリーズでさえ、画面占有率は「85%」弱くらいです。完全なベゼルレスデザインにはまだまだの状態になっていますが、次期「Galaxy S10」では画面占有率が「100%」近くになると考えることができ、「Xiaomi Mi MIX」シリーズ以上のベゼルレスデザインになると考えることができます。

また今回の情報では「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載することには言及していませんが、「Galaxy S10」では「Galaxy」シリーズ初の搭載になると予測されています。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」をご参照下さい。

また先日の情報では、「ディスプレイ」にセンサーを搭載することによって、ユーザーの「血流」や「心拍」も計測が可能になると予測されています。詳細は「記念すべきモデルには驚きの新機能が。「Galaxy S10」はディスプレイ上で「血流」と「心拍」が計測可能にって話。」をご参照下さい。

今回の情報通り、「Galaxy S10」はデザイン含めて大きく変更されると考えることができ、まさに10周年の記念すべきモデルにふさわしいスペックを搭載していると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧