• HOME
  • ブログ
  • Pixel
  • また新たな実機画像がリーク。「Google Pixel3」は「ワイヤレス充電」に対応かもって話。

また新たな実機画像がリーク。「Google Pixel3」は「ワイヤレス充電」に対応かもって話。

初代「Google Pixel」シリーズと比較して「Google Pixel2」シリーズは、開発しているベンダーが異なるせいか、基本スペックはほぼ同じですが、その本体の大きさやデザインは大きく異なります。さらに先日の情報では、「Google Pixel3」シリーズでは、さらにそのデザインはより明確に異なることが判明しています。詳細は「さらに精細な。「Google Pixel3」の新たなレンダリング画像が公開されたって話。」をご参照下さい。

一方で、先日には「Google Pixel3」シリーズのプロトタイプを撮影した画像がリークしており、「Google Pixel3 XL」は「iPhone X」などと同様に「ベゼルレスデザイン」を採用しており、さらに「ノッチ」スタイルを採用している可能性が高いとされています。詳細は「「ノッチ」スタイルを採用。「Google Pixel3」の実機画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に有名なBenjamin Geskin氏が、「Google Pixel3 XL」の新たな実機画像と新たなレンダリング画像を自身のTwitterで公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


よりデザインが詳細に。

 

さて今回同氏が公開したレンダリング画像が上記の画像になります。以前同氏が公開したレンダリング画像では「背面」を確認することができませんでしたが、今回公開されたレンダリング画像では「背面」を確認することができます。「Google Pixel3 XL」では新たな生体認証機能を搭載すると予測されていますが、今回の画像を確認する限りは、「指紋認証」も継続して採用する可能性が高いと考えることができます。

こうやってみると、「Galaxy」や「Google Pixel」では、「顔認証」や「虹彩認証」など、新たな生体認証が搭載もしくは、搭載される可能性が高い中、継続して「指紋認証」を搭載していることになりますが、いかにAppleが「iPhone X」で「Touch ID」を廃止したのが英断だったのか改めて実感させられます。

一方で今回新たにリークした「Google Pixel3 XL」の実機画像が上記の画像になります。「Google」のロゴとは異なるロゴが表示されていますが、このロゴは何の意味を成しているのか判然としない状況にあります。またこのリークした実機画像から、「Google Pixel3 XL」は「ワイヤレス充電」に対応する可能性があると一部の情報では予測されています。

ただ、従来と同じく、本体背面の上部が「ガラス」、それ以外が「アルミ」である可能性が高いと考えることができることからも「ワイヤレス充電」に対応している可能性は低いと考えてしまいます。

フロント部分に関しては「ノッチスタイル」を採用していますが、「ステレオスピーカー」の搭載を優先するためか、完全なベゼルレスデザインではありません。「iPhone X」や「Galaxy S9」のように、本体側面部分に搭載すればかなりすっきりとした印象になったと考えることができます。

今回の実機画像は、あくまでもプロトタイプである可能性が高く、実際の発表時においてはデザインが変更されている可能性がある考えることができます。ただシリーズを重ねるごとにデザインがブラッシュアップされている「Google Pixel」シリーズです。次期シリーズにも期待したいところです。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧