• HOME
  • ブログ
  • Pixel
  • 「ノッチ」スタイルを採用。「Google Pixel3」の実機画像がリークしたって話。

「ノッチ」スタイルを採用。「Google Pixel3」の実機画像がリークしたって話。

例年通りであれば、今年の10月に発表されると予測されている次期「Google Pixel3」シリーズですが、先日の情報からも「1インチサイズ」の大型カメラセンサーを搭載するなど、やはり「カメラ」が大きな特徴になると予測されています。詳細は「やはりカメラが最大の特徴に?「Google Pixel3」の一部スペックがリークしたって話。」をご参照下さい。

一方で、他のAndroid機種とは全く異なる独自のデザインを貫いてきた「Google Pixel」シリーズですが、先日リークした「Google Pixel3 XL」のフロントパネルの画像からも、「iPhone X」と同様に、かつ他の多くのAndroid機種と同じく「ベゼルレスデザイン」を採用した上で「ノッチスタイル」になっている可能性が高いと予測されています。詳細は「ノッチスタイルを採用へ。「Google Pixel3」シリーズのフロントパネルがリークって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、「 Google Pixel3 XL」の実機画像と思われる画像がリークしたことを報告しており、改めて「ノッチスタイル」を採用していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



実機画像がリークに。

 

さて先日にはApple関連を始めとしてリーカーとして非常に有名なBenjamin Geskin氏が自身のTwitterで「 Google Pixel3」と「 Google Pixel3 XL」の超精細なレンダリング画像を公開しており非常に話題となっていました。

https://twitter.com/VenyaGeskin1/status/1002634173423681536

一方で今回公開された「 Google Pixel3 XL」の実機画像とされている画像が上記の画像になります。少なくとも事前情報通り「ベゼルレスデザイン」を採用していること。そして「ノッチ」スタイルを採用していることを確認することができます。ちなみに「 Google Pixel3」に関しては、ベゼルのスリム化はされるとしていますが、「ベゼルレスデザイン」にはならないと予測されています。

「 Google Pixel3 XL」は「ノッチ」スタイルを採用することからも「虹彩認証」もしくは「顔認証」を搭載する可能性が高いと予測されていましたが、「指紋認証」の搭載が判然としない状況にありましたが、今回のリーク画像を確認する限り、従来と同じく「背面」に搭載されていることを確認することができます。

一方で「カメラ」に関しては、「 Google Pixel2」シリーズと比較した場合、カメラセンサーは大型化したように見えますが、「デュアルレンズカメラ」は搭載していないことを確認することができます。背面のデザインを確認する限りは「 Google Pixel2」シリーズと大きく変わらないように見えますが、本体上下の部分のエッジ部分においては、つや消し処理がされているのか、より高級感が増しているように感じます。

また一部情報によると「 Google Pixel3 XL」に関しては、「6.2インチ」のディスプレイを搭載している可能性が高いと予測されており、いまやハイエンドモデルの大型モデルは「6.0インチ」以上のディスプレイを搭載することが当たり前になりつつあります。先日の情報からも、次期「 Google Pixel」シリーズの正式名称は「 Google Pixel3」であることはほぼ確定だとされています。詳細は「Google自らリーク。次期「Pixel」シリーズの正式名称は「Google Pixel3」で確定って話。」をご参照下さい。

ちょっと実機が登場するには、時期的にも早い気がしますが、プロトタイプが存在していてもおかしくはありません。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧