• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。

発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。

昨年開催されたWWDC2017では「iPad Pro10.5インチ」モデルと、「iPad Pro12.9インチ」モデルが発表されたことからも、先日開催されたWWDC2018において、次期「iPad Pro」が発表されると予測されていましたが、残念なことに発表されませんでした。ただ今年登場する「iPad Pro」に関する情報は地味にリークしており、その一つが「Face ID」を搭載するとされていることです。詳細は「2018年に登場する次期「iPad Pro」の噂をまとめたって話。」をご参照下さい。

先日開催されたWWDC2018においては、新製品が何も発表されませんでしたが、今年登場が予測されている新製品の多くは、「iPhone」を筆頭に「Face ID」を搭載する可能性が高いと予測されており、「Apple Watch」や「MacBook」にも搭載されるとしています。詳細は「2018年登場。「iPhone」から「iPad」、「Apple Watch」とすべてに「Face ID」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、先日正式発表されたばかりの「iOS12」のβ版において、「iPad Pro」が「Face ID」を搭載する可能性が高いことを示唆していると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Face ID」の搭載を示唆。

 

さて今回の情報によると、先日発表されたばかりの「iOS12」において、「iPhone X」と同様の操作、ドックからスワイプするとホーム画面に戻るなどのジェスチャー操作に、「iPad Pro」が対応することからも、次期「iPad Pro」では「Face ID」を搭載する可能性が高いと報告しています。

また上記の画像のように「時刻」と「電池容量」が両端によっており、まさに「ノッチスタイル」を採用することを示唆している可能性が高いとしています。また今回の情報によると、「iPhone X」のように、スワイプのジェスチャー操作に対応しており、「コントロールセンター」や「通知画面」の表示の仕方が同じであるとしています。

単純にインターフェイスを、「Face ID」を搭載しているかいないかに関わらず、「iOS12」で共通化しようとしているだけと考えることもできますが、一部情報では、次期「iPad Pro」は「ホームボタン」が廃止され、「True Depthカメラ」を搭載している、つまり「Face ID」を搭載している可能性が高いと予測されています。

またApple関連の情報に精通しているMing-Chi Kuo氏も、ベゼルレスデザインの採用や「Face ID」が搭載される可能性が高いと、同様の報告をしています。ただ事前情報では、「iPhone X」のような「ノッチスタイル」なのか、それとも均等のベゼルを採用しているのか判然としない状況にありましたが、今回の情報を考慮すれば「ノッチスタイル」を採用している可能性が高いと判断することができます。

ベゼルレスデザインの採用によって、「iPad Pro」のディスプレイサイズがどのような変更になるのか判然としない状況にありますが、アクセサリーのことを考えれば、「ベゼルレス」になった分、ディスプレイサイズが大きくなると考えることができます。6月に発表されなかったことからも、早くて「9月」、遅くて10月頃の発表になると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧