• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ2s」として間違われても仕方ない。「Xperia XZ3」は「snapdragon850」を搭載しないって話。

「Xperia XZ2s」として間違われても仕方ない。「Xperia XZ3」は「snapdragon850」を搭載しないって話。

2020年頃までは、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」から新たに採用された「アンビエントフロー」が継続すると言われている中、先日初めて公開された「Xperia XZ3」のレンダリング画像からもアンビエントフローが継続採用されている可能性が高いと予測されています。詳細は「デザインの刷新は叶わず。「Xperia XZ3」のレンダリング画像が初めて公開されたって話。」をご参照下さい。

一方で、デザインの進化はあまり期待できない中、先日の情報では「Xperia XZ3」は未発表である「snapdragon850」を搭載し、さらに「デュアルレンズカメラ」を搭載するなど、内部スペックが地味に進化する可能性が高いと予測されていました。詳細は「3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、QualcommがSamsungと共同して開発した「snapdragon850」を正式に発表し、今年の下期から搭載した機種が登場することを示唆していることを報告しているのが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Xperia XZ3」には採用されず。

 

さて今回の正式発表によると、「snapdragon850」は「snapdragon835」と比較して処理性能が「20%」向上し、バッテリーライフが「30%」向上、さらに通信速度が、「1.2Gbps」に対応したことで「20%」早くなったことを報告しています。ただこの「snapdragon850」はスマートフォン向けのプラットフォームではなく、タブレットやラップトップ向けのプラットフォームであるとしており、特に「Windows10」のPC向けに開発されたものだとしています。

このことからも事前情報とは異なり「Xperia XZ3」に「snapdragon850」が搭載される可能性は限りなく低いと考えることができます。また今回の正式発表内容は「snapdragon835」と比較していますが、実際のところ「snapdragon845」と大きな違いはありません。つまり「ラップトップ」向けに最適化された「snapdragon845」であると考えたほうが無難かもしれません。

つまり「Xperia XZ3」は「snapdragon845」を継続して採用している可能性が高いと考えることができます。ただ先日の情報からも「snapdragon850」自体は「snapdragon845」と同じカテゴリーに属すると考えることができます。詳細は「世界初の「5G」対応機種。「Xperia XZ3 premium」のコードネームは「暁」って話。」をご参照下さい。

ただ「Xperia XZ3 Compact」が「snapdragon710」を。「Xperia XZ3 premium」が「snapdragon855」を採用する可能性が高いとされている中、やはり大きな注目を集めているのが「snapdragon855」になります。

「snapdragon855」を搭載することによって、「Xperia XZ3 premium」は「5G」と「4L OLED」の2つの世界初を搭載すると予測されている中、先日の情報では何かしらの技術的制約によりデザインが変更されたとしています。詳細は「技術的制約でまた懸念事項が1つ。「Xperia XZ3」シリーズは未完のデザインで登場かもって話。」をご参照下さい。

ただこの技術的制約が「CPU」に関するものなのか、何が原因なのか判然としない状況にありますが、「Xperia XZ2 premium」のようにちょっと期待はずれの仕様・デザインにならないことを期待したいです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧