• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 日本市場を優先に。「Xperia XZ3」は「SO-01L」・「801SO」・「SOV39」として登場って話。

日本市場を優先に。「Xperia XZ3」は「SO-01L」・「801SO」・「SOV39」として登場って話。

先日のFCCの認証情報からも、今年後半に登場する次期「Xperia」は「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」・「Xperia XZ3 premium」の3機種になるとされており、唯一「Xperia XZ2 premium」の発表日をリークした人物も同様の発言をしていることからもその信憑性は非常に高いとされています。詳細は「IFA2018での登場は確実に?「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」・「Xperia XZ3 premium」の存在が明らかにって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、「Xperia XZ3」シリーズの搭載CPUが判明したとされており、「Xperia XZ3」が「snapdragon850」、そして「Xperia XZ3 Compact」はミドルレンジモデルとなる「snapdragon710」を搭載するとされていることからも、3機種が別々のCPUを搭載する可能性が高いとされています。詳細は「3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ3」は世界展開が対象で、また日本のキャリアでも共通して扱う可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


日本市場でも展開へ。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Welcome Xperia “Akatsuki”, you’re alive!!!

Joined the family of “Tama” aka SDM845….

Tama: Akari (XZ2), Apollo (XZ2c), Aurora (XZ2P), Akatsuki (XZ2s???)

Intended for global launch, and all Japanese carriers have its specific variant too…

さて今回の投稿によると、次期「Xperia XZ3」は「世界展開」になる上で「日本市場」においても、そのすべてのキャリアが特定のバージョンを持っているとしていることが確認することができます。また今回の投稿に合わせて、モデル番号もリークしており、ドコモが「SO-01L」、auが「SOV39」、ソフトバンク「801SO」とし登場する可能性が高いとされています。

一方で先日の情報では次期「Xperia」のコードネームが「暁」であることが判明しています。詳細は「」をご参照下さい。ただ気になるのは今回の投稿では「Tama」、「snapdragon845」のプラットフォームファミリーに「暁」が追加されたとしています。このことからもこの「暁」は「snapdragon845」を搭載すると考えることができます。

ただ先日の情報では「Xperia XZ3」は「snapdragon850」を搭載するとされており、「snapdragon845」の派生モデルであるとは考えにくいため、同じプラットフォーム名を採用していてもおかしくはありません。逆に「Xperia XZ3 premium」に搭載が予測されている「snapdragon855」に関しては、完全にプラットフォーム名が変わると考えることができます。

先日には「Xperia XZ3」シリーズのデザインがリークしており、「Xperia XZ2」シリーズと同様に「アンビエントフロー」を継続する可能性が高いと予測されています。詳細は「「アンビエントフロー」は継続に。「Xperia XZ3 premium」や「Xperia XZ3」のデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

「Xperia XZ3」が日本市場で3キャリア共通で展開されるのは例年の流れを見る限り妥当な流れであって、気になるのは「Xperia XZ2 premium」と同様に「Xperia XZ3 premium」を「au」が取り扱うのか。「Xperia XZ3 Compact」は次も「ドコモ」専売になるのか。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧