• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • その質感に全く問題なし。「iPhone SE2」とされている「6.1インチ」モデルの精細なレンダリングが公開にって話。

その質感に全く問題なし。「iPhone SE2」とされている「6.1インチ」モデルの精細なレンダリングが公開にって話。

中国のケースメーカーからの情報として、WWDC2018で登場すると予測されている「iPhone SE2」は、いまだ最終デザインすら決定していない状態にあるとしており、さらに複数のプロトタイプをテストしている状況にあるとしています。その複数あるプロトタイプの一つが「6.0インチ」以上のディスプレイを搭載していることからも、今年登場する「6.1インチ」の新型「iPhone」は「iPhone SE2」である可能性があるとされています。詳細は「「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。」をご参照下さい。

かなり情報が錯綜しているこの「iPhone SE2」ですが、先日には「6.1インチ」モデルの「バックパネル」と「フロントパネル」の両方を撮影した画像がリークしており、本体カラーはポップになる可能性があると予測されています。詳細は「またまた「iPhone SE2」のバックパネルがリーク?「6.1インチ」の新型「iPhone」はポップなカラー展開にって話。」と「「iPhone SE2」?「6.1インチ」を搭載した新型「iPhone」のディスプレイがリークって話。」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーカーとして有名なSteve H氏が自身のTwitterで、6.1インチのディスプレイを搭載した新型「iPhone」の高精細なレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開された新型「iPhone」のレンダリング画像が上記の画像になります。事前情報では「iPhone 7」のデザインがベースになると予測されていましたが、「背面」に「ガラス」を採用していることもあって、どちらかというと「iPhone 8」のデザインによく似ています。先日の情報でも本体に「ガラス」を採用しているとされていることからも、より「ワイヤレス充電」を採用する可能性が高まったと考えることができます。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」をご参照下さい。

次にフロント部分を確認すると、「iPhone X」と同様に「ノッチスタイル」のベゼルレスデザインを採用しており、このことからも「Face ID」を搭載すると考えることができます。また本体下部には、ステレオスピーカーと「USB-C」のみを搭載していることからも「イヤホンジャック」が廃止されている可能性が高いと考えることができます。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

https://twitter.com/OnLeaks/status/1002532845439594496

ただ「6.1インチ」の新型「iPhone」と「iPhone SE2」に関してはかなり情報が錯綜+融合している可能性があり、そもそも「6.1インチ」モデルと「iPhone SE2」が別々の機種として存在している可能性もあります。また、大方の予測では「WWDC2018」では新製品が発表されない=「iPhone SE2」が発表されないとされています。

ただ冷静に考えると、9月に開催されるイベントにおいて、「iPhone X」と「iPhone X Plus」を含めた4機種が同時に発表されるということも考えにくいです。先日の情報では「iPhone SE2」の発売日は「6月15日」になるとされています。詳細は「WWDC2018での正式発表は確定に?「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載で「6月15日」より発売開始にって話。」をご参照ください。WWDC2018での正式発表に期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧