WWDC2018での正式発表は確定に?「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載で「6月15日」より発売開始にって話。

ユーラシア経済連合の認証情報からも、「5月」中もしくは、今月開催予定のWWDC2018に新型「iPhone」が登場すると予測されており、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」になると予測されています。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、中国のケースメーカーの話によると、噂されている「iPhone SE2」はまだ最終デザインすら決定しておらず、複数のプロトタイプをテストしている途中であるとしています。このことからも「iPhone SE2」の正式発表は「9月」にずれ込むとしています。詳細は「「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。」をご参照下さい。

さて今回Appleのリーカーとして有名なBenjamin Geskin氏によると、「iPhone SE2」は「iPhone X」と同じデザインを採用し、さらに発売日が「6月15日」になると自身のTwitterでTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「iPhone X」と同じデザインに。

 

さて今回同氏のTweetに添付されていた画像が上記の画像になります。上記の画像から確認できるのはまず、名称が「iPhone SE2」となっていることです。ただこの「2」に関しては、初代「iPhone SE」との違いを明確にするためにつけられている程度で、先日の情報通り、正式名称は「iPhone SE」であると考えることもできます。詳細は「名称は変わらず。そのデザインは大きく変更に。「iPhone SE2」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

https://twitter.com/VenyaGeskin1/status/1002426758505910273

そして購入特典なのか、それとも予約特典なのか判然としませんが、「Air Power」が特典で無料で入手が可能になると考えることができます。このことからも事前情報通り、「ガラス」の材質を採用し、「ワイヤレス充電」を採用すると考えることができます。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」をご参照下さい。

また同氏は以下のようなTweetもしています。

信じらないと前置きした上で、「iPhone SE2」は「iPhone X」のようなスタイルを採用しているとしています。現に1枚目の写真においても「iPhone X」のようなデザインを採用していることが確認することができ、このことからも「Face ID」を搭載している可能性が高いと考えることができます。

単純に「iPhone SE」のデザインをベースにしているのであれば、「ベゼルレスデザイン」を採用することで現行の「4.0インチ」から「4.7インチ」程度になると考えることができます。ただ冒頭でも記述しましたが、「iPhone SE2」は「6.0インチ」以上のディスプレイを搭載する可能性もあると予測されています。詳細は「またまた「iPhone SE2」のバックパネルがリーク?「6.1インチ」の新型「iPhone」はポップなカラー展開にって話。」をご参照下さい。

そして何より発売日は「6月15日」とされており、この情報が正しければ発表直後から予約が開始すると考えることができます。WWDC2018の直前の状態で、これだけはっきりとしたリーク情報がでてくるとかなり信憑性があると考えたくなります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「iPhone X」は価格に見合った価値があるのかって話。

  2. その質感に全く問題なし。「iPhone SE2」とされている「6.1イ…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. 2018

  2. Xperia

  3. 2018

  4. 2018

  5. 2018