• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。

3つの異なるCPUを搭載に。「Xperia XZ3 premium」のみが「snapdragon855」を搭載し「5G」に対応かもって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場が予測されている主力機種「Xperia XZ3 Pro」は「Pro」モデルが存在しないとされていることからも正式名称は「Xperia XZ3 premium」になるとされており、さらに「snapdragon855」を搭載することで、世界初の「4K OLED」に対応し、さらに「5G」に対応するとしています。詳細は「2つの世界初。「Xperia XZ3 Pro」は「snapdragon855」を搭載しIFA2018で登場かもって話。」をご参照下さい。

さらにFCCの認証情報からも、未発表の新型「Xperia」が3機種存在していることが判明していますが、先日の情報ではこの3機種が「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」そして「Xperia XZ3 premium」になるとされており、通期通して「Compact」モデルが2種類登場するのは初めてのことになります。詳細は「IFA2018での登場は確実に?「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」・「Xperia XZ3 premium」の存在が明らかにって話。」をご参照下さい。

さて今回Vortexによると、「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Compact」はそれぞれ異なるCPUを搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


3つの異なるCPUを。

 

さてまず中国の大手SNSサイトであるWeiboにおいて、「Xperia XZ2 premium」の発表を唯一予測したZackbuks氏が以下のようなコメントをしています。

外站爆出 9 月的 IFA2018 将有 Xperia XZ3、XZ3 Compact 以及 XZ3 Premium 发布,不过 Xperia XZ2 Premium 到 8 月才会上市,Compact 机型历年是一年一部,个人觉得这个料实在是不准啦。

今回の投稿では、先日の情報通り、「Xperia XZ3」・「Xperia XZ3 Compact」そして「Xperia XZ3 premium」の3機種がIFAで発表される可能性が高いとされています。ただVortexによると、執筆時点では削除されていますが、以下のようなコメントが投稿されていたとしています。

削除されていたコメントを確認すると、「Xperia XZ3」は「snapdragon850」を「Xperia XZ3 Compact」は先日発表されたばかりの「snapdragon710」を搭載するとしています。「snapdragon850」が正式に発表されていない以上、詳細なスペックは判然としませんが、少なくとも「snapdragon820」と「snapdragon821」のように、マイナーアップグレードモデルであると考えることができます。

このことからも「Xperia XZ3」は「5G」に対応している可能性がかなり低いと考えることができます。一方で「Xperia XZ3 Compact」は名称こそ「ハイエンドモデル」ですが、搭載CPUが「snapdragon710」であるということは「ミドルレンジモデル」の立ち位置になる可能性が高いと考えることができます。

先日の情報でも、「Xperia XZ2 Compact」は最後のハイエンドモデルになると予測されていたことからも、今回の情報でより現実味が増したと考えることができます。詳細は「終焉へ。「Xperia XZ2 compact」は最後のハイエンドコンパクトモデルになるかもって話。」をご参照ください。

今回の情報が仮に正しいと仮定するのであれば、「Xperia XZ3」シリーズで異なる搭載CPUを搭載することになります。先日には「Xperia XZ3」シリーズのデザインイラストがリークしていますが、それこそ「名称」・「デザイン」に統一性がありますが、スペックはかなり異なる可能性が高いと考えることができます。詳細は「「アンビエントフロー」は継続に。「Xperia XZ3 premium」や「Xperia XZ3」のデザインが判明かもって話。」をご参照ください。

先日の情報からもSONYは今後ラインナップの整理を強化すると予測されており、今までは「ミドルレンジモデル」は「Xperia XA」シリーズ、ハイエンドモデルは「Xperia X」シリーズと分けてきましたが、一つのシリーズにラインナップに集約した上で、スペックや価格に差をつけて販売していくと考えることもできます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧