• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • より高級感があるデザインに。「iPhone SE2」のバックパネルがまたリークしたかもって話。

より高級感があるデザインに。「iPhone SE2」のバックパネルがまたリークしたかもって話。

ユーラシア経済連合の認証情報によれば、Appleは5月から6月にかけて新型「iPhone」を発表すると予測されていますが、現時点で発表がないことからも、5月中の発表はなく、早くて「6月」に開催されるWWDC2018で発表されると予測されており、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」になると予測されています。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

一方で、この「iPhone SE2」は、「6月」ではなく、「9月」に発表されるとの情報もあり、現に中国のケースメーカーの話によると、まだ最終デザインすら決定していなとされており、現在は複数のプロトタイプのテストを行っているとされております。今年登場すると予測されている「6.1インチ」のディスプレイを搭載した新型「iPhone」も「iPhone SE2」のプロトタイプの一つであると予測されています。詳細は「「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。」をご参照下さい。

さて今回/LEAKSによると、「iPhone SE2」のバックパネルとされているものがリークしたことを報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



バックパネルがリーク?

 

さて今回リークした「iPhone SE2」のバックパネルとされている画像が上記の画像になります。事前情報では、「iPhone7」のデザインをベースにしたデザインになると予測されていましたが、今回の画像を確認する限り、確かに「iPhone 7」のデザインをベースにしているように見えます。

先日までの情報では、背面の材質が「ガラス」に変更されることで「ワイヤレス充電」に対応すると予測されていますが、今回の画像では、「ガラス」なのか、「アルミ」なのか判然としない状況にあります。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」をご参照下さい。

ただ今回の画像を確認する限り、Appleのロゴが不自然に大きく感じるのは気のせいでしょうか。また今回の画像と一緒に以下の写真も同時にリークしています。

「iOS12」のアップデート画面を撮影した画像になりますが、まだ正式発表されていない「iOS12」は開発者すら入手することは不可能な状態です。さらに、この画像を確認する限り「iOS12」のβ版ではなく、正規版に見えます。このことからも「iSO12」の画像を含めてこれらの画像はフェイクである可能性が高いと判断することができます。

冒頭で記述しましたが、「iPhone SE2」の情報はかなり錯綜しています。先日にはCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、このレンダリング画像は、従来の「iPhone SE」のデザインがベースになっていることが確認することができます。詳細は「情報が一転。「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載するけど、デザインに変更はないかもって話。」をご参照下さい。

デザインに関しては、まだ判然としない状況にありますが、少なくとも「Face ID」を搭載する可能性はかなり高いと予測されています。待望しているユーザーが多い「iPhone SE2」ですが、どのようなタイミング、どのようなアプローチでAppleが発表するのか今から楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧