• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iOS12」でロック画面の刷新へ。「常時オンディスプレイ」に対応かもって話。

「iOS12」でロック画面の刷新へ。「常時オンディスプレイ」に対応かもって話。

先日の情報からも、「6月4日」から開催されるWWDC2018で、長らく噂されている「iPhone SE」の後継機種である「iPhone SE2」が正式発表されると予測されており、その正式名称は「iPhone SE(2018)」になるとされています。詳細は「名称は変わらず。そのデザインは大きく変更に。「iPhone SE2」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

一方で、この「iPhone SE2」は、一部中国のケースメーカーの話として、まだ最終デザインも決定しておらず、発表は9月になるとしており、また複数のプロトタイプの開発されており、その一つは「6.0インチ」以上のディスプレイを搭載していると予測されています。詳細は「「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。」をご参照下さい。

「iPhone SE2」の話題で持ちきりの中、今回9To5Macによると、WWDC2018で発表が確実視されている「iOS12」では常時オンディスプレイに対応する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



常時オンディスプレイに対応。

さて今回の情報によると、「iOS12」において、ユーザーがアプリに簡単にアクセスできるようにするために、最大で4つの異なるアプリを「ロック画面」に表示できるようになるとしています。また「ロック解除」をすると同時に「3Dタッチ」を使用することによって、アプリの詳細に簡単にアクセスできるようになるとしています。

上記の画像のように、「電話」・「天気」・「音楽」などのアプリにアクセスが可能になるとしています。ただ、今回の情報では、これらの機能を最大限に活かせるのは「iPhone X」になるとされており、「iPhone X」は「常時オンディスプレイ」を採用する可能性があるとしています。

「常時オンディスプレイ」に関しては、特段新しい技術ではなく、Samsungの「Galaxy」など、一部のAndroid機種がすでに採用している技術で、ようやく「iPhone」も対応するという形になります。Appleは、一年ごとの刷新をやめて、あくまでも数年周期で「iOS」の大幅なアップデートが行われるとされており、「iOS12」では、バグおよびパフォーマンスの改善に留まると予測されています。

ただもちろん新機能が追加される可能性も高く、今回の常時オンディスプレイや、先日には「Face ID」が横向きでも認証が可能になると予測されています。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。

「iSO11」の時は、「WWDC」で発表されてから約1ヶ月後に、パブリックβ版の配信が開始となりました。事前情報通り、マイナーアップデートに留まるのであれば、「iOS12」のパブリックβ版はかなり早く配信が開始になると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧