• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • バッテリーの不具合がないことを祈る。「Exynos」版「Galaxy Note9」のベンチマークがリークって話。

バッテリーの不具合がないことを祈る。「Exynos」版「Galaxy Note9」のベンチマークがリークって話。

「galaxy S9」と「Galaxy S9+」の販売不振を補うために、先日からも「galaxy Note9」が例年より1ヶ月早く正式発表される可能性が高いと予測されていましたが、先日の情報では、より具体的に「7月下旬」に正式発表され、「8月中旬」より正式に発売開始をする可能性が高いと予測されています。詳細は「前倒しへ。「Galaxy Note9」は「7月下旬」正式発表。「8月中旬」発売へって話。」をご参照下さい。

一方で、先日より「Galaxy Note9」のベンチマークが数多くリークしており、特にRAM「8GB」モデルと「6GB」モデルでは、地味にそのベンチマークスコアに差があることが判明していますが、「8GB」モデルでようやく「iPhone X」のベンチマークに追いついたという結果になっています。詳細は「RAMが「8GB」では大きな進化を。6GBでは微妙。「Galaxy Note9」のベンチマークが新たにリークって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」の「Exynos」版のベンチマークがリークし、「snapdragon845」版より僅かながらスコアが高いことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。


ベンチマークがリーク。

 

先日に「snapdragon845」を搭載した「Galaxy Note9」のベンチマークがリークしています。詳細は「ついに存在が明らかに。「Galaxy Note9」のベンチマークがリークしたって話。」をご参照下さい。また別のベンチマークにおいては「シングルコア」が「2190」で「マルチコア」が「8806」となっており、数多くのベンチマークがリークしていることからもその存在はほぼ確実かつ、事前情報通り、例年より早く発表される可能性が高いと考えることができます。

一方で今回リークしたベンチマークが上記の画像になります。シングルコアが「2737」でマルチコアが「9064」となっていることを確認することができます。また今回のベンチマークから確認できることは「RAM」が「6GB」で、「Android8.1」、さらに搭載CPUが「Exynos9810」であることを確認することができます。

このことからも同じRAM「6GB」で計測した場合において、「Exynos」モデルのほうが僅かならがベンチマークスコアが高いことになります。とはいえRAM「8GB」モデルと比較するとやはりぱっとしない結果になっています。一部情報では「snapdragon855」を搭載した機種が今年の後半に登場すると予測されていますが、サムスンはどのような対応をするのか気になるところです。

先日の情報からも「Galaxy Note9」は「Galaxy S9」シリーズと同様に大きなデザイン変更はなく、僅かながら本体サイズが小さくなる可能性が高いとされています。詳細は「進化の方向性は「Galaxy S9」と一緒。「Galaxy Note9」は「Galaxy Note8」よりちょっと小柄にって話。」をご参照下さい。

大きなデザイン変更がないと予測されていることからも、物足りなさを感じる可能性も高いですが、一方で大きな特徴として、ついに「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「また新たな特許が。「Galaxy Note9」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

RAM「8GB」に、「galaxy S9」シリーズと同等のカメラでは、今年最上位機種としてはかなり物足りなさを感じます。Samsungがどのような驚きを与えてくれるのか楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧