• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE2」?「6.1インチ」を搭載した新型「iPhone」のディスプレイがリークって話。

「iPhone SE2」?「6.1インチ」を搭載した新型「iPhone」のディスプレイがリークって話。

先日の情報からも、ユーラシア経済連合の認証情報から、早くて5月中に、遅くても「6月」に開催されるWWDC2018で新型「iPhone」が発表されると予測されており、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」になる可能性があるとされていました。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

一方でその正式名称は「iPhone SE2」ではなく、「iPhone SE(2018)」になるとされており、さらにガラスベースの材質を採用している可能性が高いと予測されていることからも「ワイヤレス充電」に対応する可能性があるとされています。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」と「名称は変わらず。そのデザインは大きく変更に。「iPhone SE2」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

さて今回BGRによると、新しく「6.1インチ」のディスプレイを搭載した新型「iPhone」のディスプレイ部分の画像が新たにリークしたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「ディスプレイ」部分の画像が。

 

さて今回リークした「6.1インチ」のディスプレイが上記の画像になります。「6.1インチ」のディスプレイサイズかどうか判然としませんが、少なくとも、「Touch ID」は搭載していないことは確認することができます。同サイトによると、Mr.White氏によるTwitterから判明したとしています。

まず、先日の情報からも、「iPhone X」の後継機種に関しては「5.8インチ」のディスプレイを搭載すると予測されていることからも、現行のディスプレイサイズから変更はありません。一方で「6.5インチ」のディスプレイが搭載される「iPhone X Plus」が新たにラインナップされると予測されています。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。

この「iPhone X」の後継機種が「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されている一方で、「6.1インチ」のディスプレイを搭載した新型「iPhone」は価格を抑えるために「液晶」を搭載すると予測されています。このことからも、今回のTweetの内容は矛盾を抱えているもしくは新しい情報になります。

また先日の情報からも「iPhone SE2」は発表間近とされてきましたが、中国のケースメーカーの話によると、まだデザインすら最終決定しておらず、中には「6.0インチ」以上の大型ディスプレイを搭載したプロトタイプも存在しているとされています。詳細は「「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。」をご参照下さい。

このことからも、長らく新型「iPhone」とされてきたものが「iPhone SE2」である可能性があるとも考えられています。今回のTweetの「OLED」という言葉にひっかかりを覚えますが、今回の画像が仮に「iPhone SE2」のものであるならば、先日の情報通り「Face ID」を搭載することになります。詳細は「情報が一転。「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載するけど、デザインに変更はないかもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧