• HOME
  • ブログ
  • Beats
  • だいぶ値下がり。「Beats X」が約1万円で購入可能になったって話。

だいぶ値下がり。「Beats X」が約1万円で購入可能になったって話。

昨年の9月に正式発表され、いまだ音沙汰がないApple初の「ワイヤレス充電器」である「Air Power」やワイヤレス充電に対応した「Air Pods」の専用ケースなど、3月のイベントで発表されなかった以上、最短でもWWDC2018で発表される可能性が高いと考えることができます。詳細は「Appleが3月にイベント開催が濃厚に?「Air Power」と新型「Air Pods」を発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、別に判明している特許からも、Appleは純正の「Beats X」と同様の首かけ式を採用したイヤホンや、ワイヤレスオーバーヘッドホンを開発している可能性が非常に高いと予測されています。詳細は「Apple初の純正ワイヤレスオーバーヘッドフォンは「デジタルノイズキャンセリング」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、約2年前に登場した「Beats X」が大幅な値引きとなって発売していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



大幅な値引きに。

 

さて今回の情報によると、アメリカの大手サイトであるBest Buyにようて、Appleの「Beats X」が「$50」OFFの「$99.99」、つまり日本円で約「1万1000円」程度で発売していることが判明したとしています。過去において最大の割引ではないとしながらも、購入のチャンスであることに間違い無いとしています。

また取り扱っているカラーは「ホワイト」はないながらも、それ以外の5色「ブラック」・「グレー」・「ブルー」・「マッドゴールド」・「マッドシルバー」を扱っているとしています。Appleの純正品ではないにしろ、それに近い立場にあることからも「Beats」の製品はなかなか値引きになることはありません。

それこそ、新製品の登場によって、型落ちになった旧品が割引セールになるくらいでしょうか。ただ今回Best Buyがなぜこのタイミングでセールをおこなっているのかは判然としない状況にあります。単純に在庫の整理なのか、それとも新製品の登場が近いのかいろいろと勘ぐってしまいます。

確かにWWDC2018の開催が直前の時期となっていることからも、後継機種が登場してもおかしくはないと考えることができます。ただ正直なところ「Beats X」の後継機種の情報はほとんどないに等しく、強いて考えるとすれば「W2」チップを搭載していることくらいでしょうか。まずはWWDC2018で何かしらの動きがあるのか期待したいところです。

地味に国内のAmazonで発売されている「Beats X」も安いですね。いまやキャリアショップでも発売されているくらいです。気になる方はチェックしてみることをお勧めします。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧