アップデートは中止中だけど。「WF/WH-1000X」でGoogle assistantが利用可能にって話。

直近で発売されたのが「Xperia Ear Duo」であり、その独特なリスニングスタイルである「デュアルリスニング」スタイルで話題となっており、日本では4月下旬に発売を開始した一方で、世界各地では「5月25日」から発売を開始するため大きな話題となっています。詳細は「日本での発売開始はめちゃめちゃ早かった。「Xperia Ear Duo」の予約が開始したって話。」をご参照下さい。

一方で、SONYとしては初の完全ワイヤレスイヤホンとして登場した「WF-1000X」は世界初のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているなど、電池持ちが短いなど欠点もありますが、発表直後がから大きな話題を集めた製品になります。詳細は「SONY「WF-1000X」を使わなくなった理由は「Air Pods」のほうがマイク感度がよかったからって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、SONYの「WF-1000X」と「WH-1000XM2」にアップデートが配信されており、このアップデートによって「Google assistant」の利用が可能になることを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「Google assistant」が利用可能に。

 

さて今回の情報によると、「WH-1000XM2」と「WF-1000X」に配信されたアップデートにより「Google assistant」が利用可能になると報告しています。「WH-1000XM2」と「WF-1000X」はもともと「Google assistant」に対応しているわけではないため、専用の「物理ボタン」を搭載しているわけではありません。

しかしながら、今回の情報では「ノイズキャンセルボタン」を使用することによって「Google assistant」が起動できるようになるとしています。ほぼ専用ボタンとして機能するため、スマートフォン本体で「Google assistant」を起動するより早く起動することができるとしています。

ただ下記のコメントのように、このアップデートの配信は中止の状態となっています。

We apologize for the inconvenience, but the release of this software update has been delayed. We are working on the issue and will release the update as soon as possible.

変な話、SONYが声明を出しているということは、アップデートの配信が再開されるのもそう遠くない未来だと考えることができます。「WH-1000XM2」は、SONYがワイヤレスヘッドホンの中でも最上位機種である、単純に「Google assistant」に対応してくれるのはユーザーとしても嬉しいですよね。

ただ今回の情報でちょっと気になるのは、いくつかのヘッドホンは、アップデートによって「Siri」が使えなくなるとされています。ただどの機種で使えなくなるのかまでは判然としない状況にあります。日本でも発売を直前に控えた「Xperia XZ2」シリーズですが、ついにイヤホンジャックが廃止されています。このことからもデジタルノイズキャンセリング一つ楽しむためにも、対応したワイヤレスイヤホンを購入する必要があります。今後の展開に期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マイクの集音性能によっては欲しい。「Xperia Ear Duo」が春…

  2. MWC2018開催後にSONYは「Xperia Ear Open-st…

  3. まだちょっと先。「Xperia Ear Duo」の発売日は「5月31日…

  4. 「wena wrist Pro」登場。やっぱりSuica非対応は大人の…

  5. 日本での発売開始はめちゃめちゃ早かった。「Xperia Ear Duo…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. Galaxy

  4. iPhone

  5. Xperia