「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。

販売不調が大きく騒がれている「Galaxy S9」シリーズですが、先日の情報からも2018年は「Galaxy」シリーズにとって10年という節目の年であることからも記念モデルである「Galaxy Z」シリーズが登場するとの予測もあります。詳細は「共に10周年の節目へ。SONYは「Xperia XZ3 Pro」を。Samsungは「Galaxy Z」をって話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S9」シリーズで「S」シリーズは終焉になると予測されていることからも次期モデルの正式名称は判然としませんが、次期「Galaxy S10」は先日の情報では「Galaxy S9」シリーズと同様に大きなデザイン変更はないと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペックにその意味は反映されていないかもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、Samsungは次期「Galaxy S10」に超音波式の指紋センサーを搭載することによってディスプレイに統合させようと計画していることが判明したとしているので簡単にまとめたいと思います。



ディスプレイ統合型指紋センサーを搭載へ。

 

さて今回の情報によると、Samsungは「Galaxy S10」に「超音波式指紋センサー」を搭載することによって「ディスプレイ」に統合しようと計画しているとしています。先日の情報からも「ディスプレイ統合型指紋センサー」が実装されない最大の理由は「有機ELディスプレイ」だとされています。詳細は「急いで決めて。結局「Galaxy Note9」にはディスプレイ統合型指紋センサーの搭載が間に合うかもって話。」をご参照下さい。

「ディスプレイ統合型指紋センサー」に関しては、「液晶」に実装することは可能となっており、実際に製品化もされていますが、一方で「有機ELディスプレイ」だと光の透過性など、技術的障壁が多いとされています。だからこそ、Samsungは「超音波」を採用しようとしていると考えることができます。

今回の情報によれば、超音波でも「3D超音波」を採用することによって、指紋認証の精度を向上させようとしているとしています。ただ「3D超音波」を採用することによって、本体の価格が上昇する可能性もあると予測されています。先日の情報からも今年の下期に登場する「Galaxy Note9」に搭載されるとの予測もあります。詳細は「また新たな特許が。「Galaxy Note9」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

ただ今回の情報を考えれば、「Galaxy S10」で最初の搭載になる可能性が高いと考えることができます。先日の情報では折りたたみ式である「Galaxy X」と競合しないように、「galaxy S10」は「1月」に発表されると予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

まだちょっと先の話になりますが、まずは「Galaxy Note9」の正式発表を楽しみに待ちたいと思います。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. MWC2019で発表へ?折りたたみ式を採用した「Galaxy X」は「…

  2. まだまだ売れる?「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を購入…

  3. コスパは最高クラスに。「Galaxy S8 Lite」のスペックの全貌…

  4. 「Galaxy X」は「snapdragon855」搭載で世界初の5G…

  5. 共に10周年の節目へ。SONYは「Xperia XZ3 Pro」を。S…

  6. 2020年。次期「Galaxy Note」はこんな感じになるかもって話…

  7. なんのために?いまはなきはずの「Galaxy Note7」に「Andr…

  8. 「Galaxy S8+」の派生モデル。「Galaxy S8 Star」…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Galaxy

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. iPhone

  4. iPhone

  5. iPhone