日本独自機能の対応が大きな仇に。国内版「Xperia XZ2」シリーズの電池容量が減少した理由が判明って話。

「ソフトバンク」を皮切りに、「au」、そして「ドコモ」の春夏モデル新製品発表会が開催され、各キャリアのラインナップがついに出揃いました。その中でも、特に国内で人気が高い「Xperia XZ2」シリーズ、特に「Xperia XZ2 premium」が「au」と「ドコモ」から発表され大きな話題となっています。詳細は「ドコモ独占販売は「Xperia」から「Huawei」へ。ドコモ版「Xperia XZ2 premium」も結局劣化版って話。」と「「Xperia XZ2」だけじゃなかった。au版「Xperia XZ2 premium」も劣化版で電池容量が減少、キャリアロゴが強調されているって話。」をご参照下さい。

一方で「Xperia XZ2 premium」を始めとした「Xperia XZ2」シリーズのキャリアモデルのバッテリー容量が減少していることが大きな話題となっており、さらに「3社」共通して、「Xperia XZ2」のRAMが「4GB」となっていることから、SIMフリーモデルに対して少なくとも劣化している可能性が高いと考えることができます。詳細は「まさかの国内版は劣化版?「Xperia XZ2」はRAMに電池容量が減少で価格も高いって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2」シリーズのキャリアモデルのバッテリー容量が減少している理由が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



バッテリー容量の減少の理由は?

 

さて今回の投稿内容は以下のようになります。

TV Tuner and FeliCa, Japanese only so it affected battery…

And the official codename for XZ2P is Aurora…

今回の投稿によると、「Xperia XZ2 premium」を始めとした「Xperia XZ2」シリーズの電池容量が減少している理由は、「フルセグ」などに使用するTVチューナーや、FeliCaチップを搭載していたことに大きく影響を受けているとしています。つまり日本独自機能の搭載が、バッテリー容量が減少した直接的な理由だと考えることができます。

また今回の投稿では「Xperia XZ2 premium」のコードネームは「オーロラ」であるとしています。先日の情報では、「Xperia XZ2」シリーズ自体のデザインが、人口工学を強く意識したデザインとなっていることからも、全体的に「無駄」が多いとされています。詳細は「美学を優先して無駄が多い。「Xperia XZ2 premium」のデザインはやはり改悪って話。」をご参照下さい。

本体背面がラウンド形状していることからも、内部スペースに割と余裕があると考えていましたが、今回の投稿を考慮すると、内部スペースに全くが余裕がなく、その結果、バッテリー容量が削られたと考えることができます。「4K HDR」ディスプレイを搭載しているからこそ、余計に「Xperia XZ2 premium」の電池持ちが非常に気になるところです。

SONYとしては、このバッテリー容量の減少は、誤差程度であると考えているのか、それともドコモ自体が、独自機能を優先してやむなく決断したのか判然としません。「Xperia XZ2 premium」の発売は「6月」になると予測されています。詳細は「発売は「6月」。価格は「10万円」以下に。SIMフリー版「Xperia XZ2 premium」の登場はもうすぐかもって話。」をご参照下さい。発売以降、バッテリーテストの結果が、各ガジェットサイトから公開されると予測することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧