新型「iPhone SE2」?「6.1インチ」の新型「iPhone」と「iPhone X」を比較した画像が公開にって話。

先日の情報からも早くて今月中に次期「iPhone SE2」が発表されると予測されていますが、一方でその正式名称は「iPhone SE(2018)」になるとされており、よりシンプルな命名規則になると予測されています。詳細は「名称は変わらず。そのデザインは大きく変更に。「iPhone SE2」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

一方で、「Face ID」の搭載はほぼ確定事項とされている中、次期「iPhone SE2」には様々なプロトタイプが開発されており、まだ最終的なデザインすら決定しておらず、当初の「6月」までに発表されず、新型「iPhone X」などと同じく、「9月」に大きくずれこむ可能性があると予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーカーとして有名なBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで、今年発表が予測されている新しい3つの新型「iPhone」の大きさを比較した画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



大きさの比較が分かりやすい。

 

さて今回公開されていた画像が上記の画像になります。事前情報においても、価格の上昇を抑制するためにも「6.1インチ」の液晶を搭載したエントリーモデルの「iPhone」を展開するとされており、そのエントリーモデルが写真中央のデバイスになります。

ちなみに「iPhone X」の後継機種は、本体の大きさは変わらないとされている一方で、カメラのレンズが大きくなることから本体の厚みが増すとされています。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。

このことからも大きさを比較する上で差し支えがないせいか、「iPhone X」のみが実機となっており、それ以外の機種は「3Dプリンター」で印刷されたものになっています。個人的には、先日の情報からも「iPhone SE2」のプロトタイプの一つとして「6.0インチ」のディスプレイを搭載したモデルが存在しているとされています。

また別の情報では「6.1インチ」の新型「iPhone」は「iPhone SE2」のことを指していたとの予測もあります。仮にこれらの情報が正しければ、「iPhone SE2」は、今まで大きく異なり、本体がかなり大型化し、正直「iPhone X」より大きくなってしまいます。正直なところ「iPhone SE2」がここまで大きくなってしまうと、エントリーモデルという立ち位置は変わらないにしろ、コンパクトモデルという大きな魅力を欠くことになります。

ただ少なくとも今回公開された画像において、新型「iPhone」の大きさをイメージしやすくなったと考えることができます。この状況ならやはり「iPhone X」が一番売れるのでしょうか。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 悲劇。「iPhone8」と「iPhone X」のシェア率は「5:1」っ…

  2. 地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch …

  3. 「iPhone X」のゴールドモデル?本物の可能性が非常に高い実機画像…

  4. Appleオンラインストアで「iPhone7」と「iPhone7 Pl…

  5. 「iPhone X」の販売不調が原因に。Appleが次期「iPhone…

  6. 「iPhone SE」は値下げへ。俗称「iPhone X Plus」は…

  7. ユーザーの混乱を招く可能性も。次期「iPhone」の名称はよりシンプル…

  8. 「iPhone SE2」?「6.1インチ」を搭載した新型「iPhone…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Galaxy

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. iPhone

  4. iPhone

  5. iPhone