• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2 premium
  • ドコモ独占終了と販売戦略の大きな変更へ。「Xperia XZ2 premium」の国内版SIMフリーモデルが存在してるって話。

ドコモ独占終了と販売戦略の大きな変更へ。「Xperia XZ2 premium」の国内版SIMフリーモデルが存在してるって話。

従来の流れからも、今期でいう「Xperia XZ2」シリーズにおいて、「Xperia XZ2 premium」や「Xperia XZ2 Compact」など派生モデルに関しては、ドコモ専売になる可能性が高いとされており、「5月16日」に開催されるドコモの春夏モデル新製品発表会においても「Xperia XZ2 premium」が発表されることが確実視されています。詳細は「肝心なのは発売日。ドコモは「Xperia XZ2 premium」含めた「Xperia XZ2」シリーズを発表へ。「Xperia XZ2 tablet」は発表されずって話。」をご参照下さい。

一方で、一部情報にもありましたが「au」でも「Xperia XZ2 premium」を取り扱う可能性があると予測されていましたが、先日開催されたauの春夏モデル新製品発表会において「Xperia XZ2 premium」が正式発表され大きな話題となっています。詳細は「「Xperia XZ2」だけじゃなかった。au版「Xperia XZ2 premium」も劣化版で電池容量が減少、キャリアロゴが強調されているって話。」をご参照ください。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 premium」の国内版SIMフリーモデルが展開される可能性が高いとの投稿があることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



国内版SIMフリーモデルの登場へ。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

AFAIK you can buy sim-locked device and use them for a while. Then you could buy an unlock code to make it sim-free. And XZ2P nuromobile variant will come with the ability to unlock bootloader, unlike other Japanese variant. But it also come with some of the limitation of Japanese variant Xperia: different software build (and normally it will receive updates very late versus global variants) with Japanese limitations (camera shutter sound always on, NFC/Felica,…), different network band combination, no warranty,…

 

今回の投稿はESATO上でもかなりその情報に信憑性がある人物による投稿であり、今回の投稿によれば、「Xperia XZ premium」の時と同様に「Nuro」版のSIMフリーモデルが存在しているとしています。ただキャリアモデルと異なり何かと制限が多いとしています。

まずグローバルモデルなどと比較して、アップデートの配信が遅いこと。そして国内モデルと違い「FeliCa」などの機能がカットされている可能性があるとしています。ただ「Nuro」で発売されている「Xperia XZ premium」に関しては「FeliCa」チップが搭載されていることからも、「Xperia XZ2 premium」にも「FeliCa」が搭載されていてもおかしくないと思ってしまうのですが。

また気になるのはこの「Nuro」から発売される「Xperia XZ2 premium」はグローバルモデルがベースなのか「キャリアモデル」がベースなのか、個人的には電池容量が多い「グローバルモデル」であってほしいと考えてしまいます。何にせよ「国内版SIMフリーモデル」は対応バンドが違うので。

今回「au」が正式発表したことによって今後、国内の販売戦略も大きく変更されていくと考えることができ、何よりドコモの独占の時代は終焉したと考えることができます。Appleの何よりの強みは、メーカーがキャリアよりも立ち位置が強く、基本キャリア独自のカスタマイズを認めないことです。

SONYも世界シェアで見るとあまり高くはありませんが、世界でも誇れるいい機種を開発していることに間違いありません。だからこそ、従来のキャリア主導の販売方法ではなく、SONY自ら販売方法を拡大することで、より今後シェアの拡大を強固にできると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧